牙狼<GARO>〜魔戒の絆〜、マジー企画、mobageに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > マジー企画、「Mobage」で『牙狼<GARO>~魔戒の絆~...

マジー企画、「Mobage」で『牙狼<GARO>~魔戒の絆~』の提供開始

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

マジー企画は、フィーチャフォン版「Mobage」で、ソーシャルゲーム『牙狼<GARO>~魔戒の絆~』の提供を開始した。基本プレイ無料のアイテム課金制。すでに「GREE」でも提供されているが、あらためてテストプレイしたので紹介しておこう。

本作は、テレビドラマや3D映画として公開された「牙狼<GARO>」シリーズを題材にしたソーシャルカードゲームで、プレイヤーは、魔戒騎士または魔戒法師の新入りとなり、それぞれの「最高位」のレベルを目指す。作品の世界感を生かす試みとして、昼と夜で画面デザインやゲーム内容が異なる「昼夜逆転システム」が導入されている。

昼間は「エレメント封印」、夜は動き出したホラーを封印する「ホラー討伐」をこなしていく。「エレメント封印」は通常のソーシャルゲームのクエストに該当するが、「ホラー討伐」は、攻撃力のパラメーターが重要になってくるという。

「エレメント封印」、「ホラー討伐」をこなして収集した武器や防具、アクセサリーについては、錬成(合成)することで強化できる。「オブジェ」と呼ばれるアイテムも入手することができ、これをコンプリートするとオブジェに紐づいたボスが登場し、レアなカードが入手できるようだ。

ソーシャルゲーム要素として、ゲーム内の友人「戦友」がいると、能力値がプラス5されるほか、プレゼント機能の利用、強敵ホラー(ボス)との戦闘時に支援を要請する、といったことができる。また、「オブジェ」を巡って、他のプレイヤーとバトルを行うことも可能だ。

 

『牙狼<GARO>~魔戒の絆~』 (「Mobage」会員のみ利用可能)

 

(C) 2005 雨宮慶太/Project GARO

(C) 2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル

(C) 2010 雨宮慶太/東北新社

(C) Mazzy-P

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 牙狼〜魔戒の絆〜マジー企画

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事