GENDA SEGA Entertainmentに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 「セガ秋葉原3号館」にレトロゲーム専門フロア「RETRO:G...

「セガ秋葉原3号館」にレトロゲーム専門フロア「RETRO:G」がオープン! アーケード全盛時代の魅力が堪能できる!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


GENDA SEGA Entertainmentは、本日7月21日、アミューズメント施設「セガ秋葉原3号館」の6階にレトロゲーム専門フロア「RETRO:G(レトロジー)」をオープンした。これまでもレトロゲームを多数設置していたが、この夏大幅なパワーアップを行ない、新たにレトロゲーム専門フロア「RETRO:G(レトロジー)」としてオープンすることにしたという。

「RETRO:G」のコンセプトは、「アーケードゲーム全盛期の熱量とゲームが体感できる場所」。1980年代から2000年代というアーケードゲーム全盛の時代の魅力が存分に体感できる時間と空間を提供する。

「RETRO:G」は、Retro(レトロ)とTrilogy(トリロジー/三部作)を融合させた造語。ゲームセンターの歴史を過去・現在・未来という三部作としてとらえ、ゲーセン文化を後世まで繋いでいきたいという強い気持ちを込めたという。

また、コアコンテンツである「レトロゲーム」を軸に据えながら、Gの文字に「Global(世界的)」「Groove(楽しい、愉快)」そして「GENDA SEGA tertainment」の意味を載せている。

ゲームのラインナップは、世界最古のアーケードゲーム「コンピュータースペース」をはじめとした、ここでしか体験できないタイトルを多数用意したとのこと。


■タイトルラインナップ(一部)
・コンピュータースペース(ナッチングアソシエーツ/1971年)
・ポン(アタリ/1972年)
・スピードレース DX(タイトー/1975年)
・スペースインベーダー(タイトー/1978年)
・フロッグス(セガ/1978年)
・スペースアタック(セガ/1979年)
・スターウォーズ(アタリ/1983年)
・ドンキーコング(任天堂/1981年)※純正テーブル筐体
・ニューラリーX(ナムコ/1981年)※純正テーブル筐体
・スペースハリアー(セガ/1985年)
・アウトラン(セガ/1986年)
・アウトラン2(セガ/2003年)
・サンダーブレード(セガ/1987年)
・スーパーハングオン(セガ/1987年)
・A.B. Cop(セガ/1990年)
・F1エキゾーストノート(セガ/1991年)
・ラッドモビール(セガ/1991年)
・マンクスTT スーパーバイク(セガ/1995年)
・スカッドレース(セガ/1996年)
・デイトナUSA2(セガ/1998年)
・スリルドライブ3(コナミ/2004年)
・スカイターゲット(セガ/1995年)
・プロップサイクル(ナムコ/1996年)
・電脳戦機バーチャロン(セガ/1995年)
・バーチャコップ2(セガ/1995年)
・THE HOUSE OF THE DEAD(セガ/1997年)
・THE HOUSE OF THE DEAD2(セガ/1998年)
・THE HOUSE OF THE DEAD4(セガ/2005年)
・L.A.マシンガンズ(セガ/1998年)
・タイムクライシス2(ナムコ/1998年)
・ゴルゴ13(ナムコ/1999年)
・ニンジャアサルト(ナムコ/2000年)
・ザロストワールド(セガ/2008年)
・ザタイピングオブザデッド(セガ/2000年)
・パックマンバトルロイヤル(ナムコ/2011年)
・NEW UFO CATCHER(セガ/1991年)
・UFO CATCHER21(セガ/1996年)
・元祖ジャンケンマン(サンワイズ/1995年)
・日本一周旅行ゲーム(昭和技研/2012年)

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( GENDA SEGA Entertainment

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事