21年4-6月決算、ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドリコム、第1四半期(4~6月)の営業益を3.5億円から5億...

ドリコム、第1四半期(4~6月)の営業益を3.5億円から5億円に上方修正 周年を迎えた『トレクル』と『シャニマス』が予想上回る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ドリコム<3793>は、7月20日、2022年3月期の第1四半期(4~6月)の連結業績予想の修正を発表、売上高はほぼ前回予想通りの水準となるも、各利益項目はいずれも従来予想を大きく上回る見通しとなった

売上高26億6000万円(増減率1.4%減)
営業利益5億円(同42.8%増)
経常利益5億円(同42.8%増)
最終利益3億円(同20.0%増)

4月から5月にリリース周年イベントを迎えたIPタイトルが前回発表予想を上回る好調な推移となり、一部運用タイトルの不振を補って、売上高は前回発表予想と同水準となる見通し。

同社が開発を担当している『ONE PIECE トレジャークルーズ』で7周年、『アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)』で3周年を記念したイベント・キャンペーンを行っていた。

利益については、好調だったIPタイトルの利益貢献のほか、強力な競合タイトルの登場により競争が激化する足元の市場環境を意識し、一層のコスト最適化を意識したオペレーションに努めた結果、前回発表予想の水準からもう一段固定費が抑制されたことが功を奏した。

同社では、運営中タイトルの収益性向上による利益安定化を推進するとともに、下半期にリリースが想定される新作タイトルのヒットを通じた売上拡大を追求し、主力ゲーム事業の拡大に全社を挙げて注力していくとしている。



 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドリコム21年4-6月決算

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事