スマホアプリ&ソーシャルゲームブロックチェーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > CryptoGamesとオタクコイン協会、『オタクコイン』の...

CryptoGamesとオタクコイン協会、『オタクコイン』のファンクラブを発足 会員番号付きの会員証はNFTで限定Discordチャンネルへ入室できる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

CryptoGamesとオタクコイン協会は、 コミュニティ通貨『オタクコイン』のファンクラブを2021年9月末までの期間限定で発足、 会員番号付きのファンクラブ会員証をNFT*1化し、 チャットベースのコミュニティ=Discord内に、 そのNFTを持つ会員だけが認証を受け参加できたり、 割引クーポンを獲得できる販促施策としてNFT活用の実証実験を開始すると発表した。

「会員番号付きファンクラブ会員証」NFTは【非売品】となり、 今後も含めて一般販売はされない。 今回、 【3日間限定】で希望者全員にプレゼントする。

会員証NFTを持つ会員は、 実証実験の期間中、 限定Discordチャンネルへ入室できるほか、 オタクコイン公式ショップで人気の1万種限定「レプリカ・オタクコイン」NFTなどの購入時に利用できる10%OFFクーポンを獲得できる。

2021年9月末までの期間限定運用を予定しているファンクラブ会員限定Discordチャンネルでは、 ここでしか体験できないスペシャル企画を予定している。 


■ 非売品の「会員番号付きオタクコイン・ファンクラブ会員証」NFTのイメージ


※画像はサンプルであり、 実際のデザインと異なることがある。

両社は本実証実験を通じて、 NFTをパスポート機能として活用したオンラインサロンを模した限定コミュニティ内におけるロイヤルティ醸成や、 限定コミュニティ物理グッズを販売する際、 一般的なECに見られる、 「有料会員の仕組みと割引クーポン特典」を組み合あわせた、 有力なNFT販促施策の事例などを実証できればと考えているという。

「会員番号付きオタクコイン・ファンクラブ会員証」NFTは【申込者全員プレゼント】。 会員番号は会員番号は選べないものの、番号の若い順に「応募時のオタクコイン(XOC)の申告枚数が多い順」の優先度で配布する。

※仮に申告枚数が0枚でも「会員番号付きオタクコイン・ファンクラブ会員証」NFTは【申込者全員プレゼント】となる。

【0000001】から始まる会員番号は、 オタクコイン公式アプリで獲得できる"オタクコイン(XOC)"をどれくらい使うか、 申告する枚数に応じ、 最高額を付けたファンから順となる。

例1 :応募時に、 Aさんが3,000枚、 Bさんが5,000枚、 Cさんが0枚のオタクコイン使用を申告する場合、 Bさんが【0000001】、 Aさんは【0000002】、 Cさんが【0000003】となる。

例2 :上記の例で、 Aさんが応募締め切り前に、 再度、 申告枚数6,000枚で応募し直した場合、 Aさんが【0000001】を獲得できる。

※オタクコインの所有者を特定する必要があるため、 同じスマホ・タブレット端末(=キャンペーンID)でのみ応募が有効。

ファンクラブ会員証の申込期限は本日より【3日間限定】となる。 期限までの希望者者全員に『オタクコイン・ファンクラブ会員証』NFTをプレゼントを予定している。


■ 非売品の「会員番号付きオタクコイン・ファンクラブ会員証」NFTの申込フォームは公式アプリ内のバナーから

https://bit.ly/xoc_app

※申込期限:2021年6月18日23:59まで
※申告されたオタクコインは後日使用(消費)されます。
※申告数は期間中であれば再応募により上書き(申告枚数が高くなる場合のみ有効)が可能となる。
※オタクコイン(XOC)使用0枚でも申込は行なえ、 NFTは希望者全員へ配布される。
※「オタクコイン・ファンクラブ会員証」NFTの配布は最速2021年6月末を予定している。

「オタクコイン(XOC)」の保有者は全世界2万人を超え、 これまで合計9,000万枚を超える配布を行ってきました。 オタクコイン公式アプリ内に並ぶアニメスタジオを応援したり、 最新アニメのプロモーション・ビデオを視聴する、 ”オタク活動”を通じてのみ獲得でき、 販売は行っていない。

今回の「会員番号付きオタクコイン・ファンクラブ会員証」NFTの会員番号は、 そうしたオタク活動を過去から積極的に行ってきた「オタクコイン(XOC)」保有者の”オタク活動の熱量”を可視化する役割も担う。

なお、 本実証実験では、 「オタクコイン・ファンクラブ会員証」NFTを生成するブロックチェーンとして、 有力ブロックチェーン「Polygon(Matic)*2」を採用した。 トランザクションにかかる通称・GAS代が極小に抑えられることで、 ファンクラブ会員証のような、 永続的な運用が想定されるケースに有効活用できるかについても、 あわせて検証していくとしている。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事