ギークスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(6/8)】E3と「コロナ後」への期待からセガ...

【ゲーム株概況(6/8)】E3と「コロナ後」への期待からセガサミー続伸 エクストリームとギークスも大幅高 ユークスは前日上昇分を帳消しに

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ
6月8日の東京株式市場では、日経平均株価は反落。前日比で556.8円安の2万8963.56円でこの日の取引を終えた。日経平均は朝方は続伸で始まったものの、米国での重要イベントや、翌週のメジャーSQを控える中、手控えムードが広がり、徐々に下げ幅を縮小し、前引け前にマイナスに転じた。75日移動平均線(2万9183円)が上値抵抗線として意識されているという。

コーエーテクモ<3635>やカプコン<9697>、スクエニHD<9684>など大手ゲームが堅調だった。6月12日から開催する予定の「E3」への期待から背景にあるようだ。特にセガサミーホールディングス<6460>については、東証1部では百貨店や空運、陸運、旅行などが物色対象になるなど、「コロナ後」をにらんだ動きが出ていることもあって特に買われたようだ。

サンリオ<8136>や、モバイルファクトリー<3912>、まんだらけ<2652>なども買われた。ぶんか社の人気漫画「美醜の大地」のカジュアルゲームアプリ『美醜の大地-復讐ミステリー』をリリースしたビーグリー<3981>も堅調。

このほか、IT人材へのニーズ拡大への思惑からエクストリーム<6033>やギークス<7060>も大幅高となった。

半面、ユークス<4334>が反落。同社は、前週末に第1四半期決算の決算を発表し、営業利益が700万円と前年同期の1億8500万円の営業損失から黒字転換に成功した。前日は黒字決算を好感した買われたものの、戻り売りに押されて大きな陰線を形成するなど売り圧力の強さが伺えるものだったが、この日は売られて、前日の上昇分を帳消しにした。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社ユークス)

会社名 株式会社ユークス
URL http://www.yukes.co.jp/
設立 1993年2月
代表者 谷口行規
決算期 1月
直近業績 売上高33.99億円、営業利益6.57億円、経常利益6.85億円、当期純利益4.74億円(2014年1月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4334

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3236億円)、営業利益177億円、経常利益145億円、最終利益89億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

企業情報(株式会社エクストリーム)

会社名 株式会社エクストリーム
URL https://www.e-xtreme.co.jp/
設立 2005年5月
代表者 佐藤 昌平
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事