モブキャストホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(5/24)】自社株買い発表の日本一ソフトが7...

【ゲーム株概況(5/24)】自社株買い発表の日本一ソフトが7日続伸 新株予約権発行のモブキャストHDは希薄化懸念で安値更新 gumiなどNFT関連も売られる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
5月24日の東京株式市場では、日経平均は3日続伸となり、前日比46.78円高の2万8364.61円で取引を終えた。東京と大阪で新型コロナウイルスの大規模なワクチン接種が始まったことで買い先行となったものの、上値は重く、買い一巡後はやや伸び悩んだ。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、日本一ソフトウェア<3851>が上げ幅を拡大して7日続伸した。日本一ソフトは、前週末5月21日に5万株、1億円を上限とした自社株買いを実施すると発表したことが新たな評価材料となっているようだ。

また、ケイブ<3760>やフリュー<6238>、東京通信<7359>などが買われ、前週末に2000円台乗せとなったギークス<7060>は小幅ながら7日続伸した。

DeNA<2432>やミクシィ<2121>など主力株の一角はしっかり。

半面、gumi<3903>やアクセルマーク<3624>、ガーラ<4777>などNFT関連の一角は、ビットコイン価格の不安定な動きなどを嫌気して下げがきつい。

モブキャストHD<3664>は、前週末21日にSBI証券を割当先とした新株予約権の発行で約9.3億円を調達することを発表しており、希薄化懸念から年初来安値を更新した。

ほか、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>や、マイネット<3928>、KLab<3656>などもさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 日本一ソフトウェアモブキャストホールディングス

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事