スマホアプリ&ソーシャルゲームキャンペーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 「東北ずん子と愉快な仲間たち特別限定NFT」オーナー向けのメ...

「東北ずん子と愉快な仲間たち特別限定NFT」オーナー向けのメタバース劇場が竣工

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


オタクコイン協会、SSS合同会社、CryptoGames、BeyondConceptは、 2021年4月に発売となった「東北ずん子と愉快な仲間たち特別限定NFT*1」を所有しているオーナーだけが入れ、 特典映像が視聴できる仮想空間上の『メタバース劇場』の竣工を発表した。 あわせて、 『メタバース劇場』を活用する企業の募集を開始している。

NFTのオーナーだけがメタバース上の劇場で特典映像を視聴できる取り組みは、 世界初となる(同会調べ)。


■ 『メタバース劇場』へのアクセスはこちら
https://conata.world/theater

※パソコンブラウザでアクセスしよう。
※アクセスすると音がなる。
※メタマスクウォレットと接続し、 Twitter認証でログインするとメタバース劇場のエントランス部分を歩けるようになる(サイト右上のメニュー内から登録ができる)
※NFTのオーナー以外もメタバース劇場のエントランスまで操作できる。
※2021年6月末までの期間限定開催を予定している。

『メタバース劇場』の中に入場したい場合は、 OpenSeaなど二次流通のマーケットプレイスで販売中の『東北ずん子と愉快な仲間たち特別限定NFT』を1つ以上購入できる、『メタバース劇場』とメタマスクウォレットを接続することで、 劇場内へのアクセス可能となり、 劇場内での特別映像の視聴体験も堪能できる。

http://bit.ly/OSZunko

こうしたメタバース上の特別体験の仕組みが、 コンテンツ特化型NFTの汎用性の高いフォーマットとして、 アニメ・漫画・ゲーム・VTuberなどの世界中のファンやコンテンツ業界などに示すことができればと考えているという。

*1 ブロックチェーン技術・NFTとは?
NFTとは、 インターネット上に唯一無二の「世界にひとつだけのデータ」を生み出せる代替不可能なトークン。ブロックチェーン技術を活用することで、 コピーできないデジタルデータを作成することができ、 データの所有者は自由に二次流通を行える。また、 取引のたびに一次創作者/社へ販売額の一部が半永久的・自動的にロイヤリティとして還元されるように設計できる。

現在、 NFTは、 主にブロックチェーンゲームや、 クリプトアートに活用されている。特に海外のアート分野では、 2021年初頭より数千万円規模での販売が話題となっている。最近では、 Beepleという名で活動するアーティストが、 250年以上の歴史を誇るオークションハウスChristie’s(クリスティーズ)でNFTを販売したところ、 6,900万ドル(約75億円)で落札されたことで、 世界中の話題をさらった。


 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事