GMOインターネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームブロックチェーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > GMO、ステーブルコイン「GYEN」をバイナンスに上場

GMO、ステーブルコイン「GYEN」をバイナンスに上場

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
GMOインターネットの連結会社で、米国の現地法人GMO-Z.com Trustは、5月12日に、暗号資産取引所「バイナンス」で「GYEN」の取引開始を発表した。あわせてBinanceとのパートナーシップも結んでいる。

GMO Trustが発行する「GYEN」は、世界初となる米国銀行法規制を遵守した日本円と連動したステーブルコインとなる。

今回のパートナーシップにより、GMO Trustの公式WEBサイト上で、「GYEN」を法定通貨と1対1の交換レートで発行・換金し、「バイナンス」でBTCやUSDTなどの主要な暗号資産と取引することが可能という。

GMO Trustが発行する「GYEN」は、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)による規制のもと、毎月100%法定通貨によって裏付けられていることを外部の公認会計士によって公的に監査されており、監査レポートとして開示している。

法人および個人ユーザーは、「GYEN」がブロックチェーンで実行される利点を生かし、法定通貨よりも効率的かつ、低コストで取引やヘッジ、裁定取引、セトルメント、支払いなど様々な場面で活用することが可能となる。「GYEN」は、日本国外で流通するものであり、日本国内居住者への販売は対象外となっている。

なお、5月12日上場後、同日に取引を停止している。バイナンスは、取引開始直後にGYENの価格が大きく変動したため停止。その後も価格の流動性不足と異常なボラティリティのため、再度取引を停止し、5月14日10時50分現在においても、その状態が継続したままとなっている。



 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( GMOインターネット

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事