21年1-3月決算、スクウェア・エニックス・ホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > スクエニHD、21年3月期の決算は売上高27%増の3325億...

スクエニHD、21年3月期の決算は売上高27%増の3325億円、営業益44%増の472億円と増収増益…主力のゲームけん引、出版は利益6割増、ライツ伸長

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、この日(5月13日)、2021年3月期の連結決算を発表し、売上高3325億3200万円(前の期比27.6%増)、営業利益472億2600万円(同44.2%増)、経常利益499億8300万円(同55.7%増)、最終利益269億4200万円(同26.2%増)と増収増益で着地した。

主力のゲーム事業が好調に推移したことに加えて、出版事業、ライツ事業が成長し業績を押し上げた。売上、利益ともに最高となったようだ。


・売上高:3325億3200万円(前の期比27.6%増)
・営業利益:472億2600万円(同44.2%増)
・経常利益:499億8300万円(同55.7%増)
・最終利益:269億4200万円(同26.2%増)
 


○デジタルエンタテインメント事業
売上高は2639億0900万円(前期比39.9%増)となり、営業利益は505億3600万円(前期比42.9%増)となった。

HD(High-Definition:ハイディフィニション)ゲームにおいては、「FINAL FANTASY VII REMAKE」「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」等の大型タイトルの発売があったことに加え、カタログタイトルの販売が好調に推移したこと、ライセンス収入等により、前期比で増収となった。

MMO(多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム)においては、前期に「ファイナルファンタジーXIV」と「ドラゴンクエストX」の拡張パッケージの発売があったため減収となったものの、同タイトルの継続課金収入等は好調に推移した。

スマートフォンゲームは「ドラゴンクエストウォーク」や「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」等の既存タイトルが堅調であったことに加え、「ドラゴンクエストタクト」、「オクトパストラベラー大陸の覇者」及び「NieR Re[in]carnation」の収益貢献によって、前期比で増収となった。


○アミューズメント事業
売上高は343億4900万円(前期比24.8%減)となり、営業損失は15億6800万円(前年同期は営業利益14億8000万円)となった。

アミューズメント施設の運営、並びにアミューズメント施設向けの業務用ゲーム機器・関連商製品の企画、開発及び販売を行っている。政府の緊急事態宣言発出を受け、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、第1四半期に国内の店舗を臨時休業としたことにより、前期比で大幅な減収、営業損失となった。


○出版事業
売上高は268億4300万円(前期比38.0%増)となり、営業利益は116億8700万円(前期比61.2%増)となった。

コミック雑誌、コミック単行本、ゲーム関連書籍等の出版、許諾等を行っている。マンガアプリの「マンガUP!」や電子書籍等のデジタル媒体での販売が大幅に増加した。また、紙媒体での販売も好調に推移し、前期比で増収増益となった。


○ライツ・プロパティ等事業
売上高は94億5200万円(前期比8.2%増)となり、営業利益は22億4900万円(前期比120.2%増)となった。主として同社グループのコンテンツに関する二次的著作物の企画・制作・販売及びライセンス許諾を行っている。自社コンテンツのキャラクターグッズ、サウンドトラックの販売等が好調に推移したことから、前期比で増収増益となった。


【関連記事】
スクエニHD、スマホゲームの1~3月売上は8.6%増の304億円 年間通じて四半期300億円台キープ 『DQタクト』『オクトラ』『ニーア』貢献
スクエニHD、MMOの第4四半期の売上は14.4%増の103億円 3度目の100億超え 通期売上は拡張パッケージなくても前期並の398億円に
スクエニHD、HDゲームの21年3月期の売上は130%増の966億円 「FF VII REMAKE」など大型タイトルを発売
スクエニHD、21年3月期の出版事業は売上高268億円、営業利益116億円と過去最高 電子媒体・紙媒体とも成長続く ゲームに次ぐグループの柱に
スクエニHD、24年3月期に売上4000~5000億円、営業益600~750億円目指す中期計画…NFTやメタバース進出、新規IPの創出と横展開ど


 
■2022年3月期の見通し

2022年3月期は、売上高3400億円(前期比2.2%増)、営業利益400億円(同15.3%減)、経常利益400億円(同20.0%減)、最終利益240億円(同10.9%減)を見込む。


・売上高:3400億円(前期比2.2%増)
・営業利益:400億円(同15.3%減)
・経常利益:400億円(同20.0%減)
・最終利益:240億円(同10.9%減)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 21年1-3月決算スクウェア・エニックス・ホールディングス

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
URL http://www.square-enix.com/
設立 1975年9月
代表者 松田洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高2605億円、営業利益327億円、経常利益320億円、最終利益213億円(2020年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9684

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事