21年1-3月決算、KADOKAWAに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ​KADOKAWAのゲーム事業、21年3月期のセグメント利益...

​KADOKAWAのゲーム事業、21年3月期のセグメント利益は114%増の27億円と大幅増…『ポケダンDX』や『SEKIRO』『ダークソウルIII』貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ



KADOKAWA<9468>は、この日(4月30日)、2021年3月期決算で、ゲーム事業の業績が大きく伸びたことを明かした。売上高が前の期比16.9%増の166億3600万円、セグメント利益が同114.6%増の27億4400万円となったとのこと。

同社では、『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』や『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『DARK SOULS』シリーズなどのリピート販売や、海外ロイヤリティに加え、共同・受託開発事業も収益に貢献した、としている。

業績好調を受けて、人員増強などを行い、人件費を増やしたほか、複数の新作パイプラインの開発を進めるなど、先を見据えた先行投資も同時に行ったという。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 21年1-3月決算KADOKAWA

企業情報(株式会社KADOKAWA)

会社名 株式会社KADOKAWA
URL http://www.kadokawa.co.jp/
設立 1954年4月
代表者 松原眞樹/井上伸一郎
決算期 3月
直近業績 売上高2086億0500万円、営業利益27億0700万円、経常利益42億0500万円、最終損益40億8500万円の赤字(2019年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 9468

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事