バーチャルキャストに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 「バーチャルキャスト」の「コンシューマーエディション」(無料...

「バーチャルキャスト」の「コンシューマーエディション」(無料版)、法人の商用利用が可能に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


バーチャルキャストは、4月9日、同社が運営するVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」の「コンシューマーエディション」(無料版)の利用規約の一部を改定し、法人の商用利用が可能になると発表した。



本施策は、「バーチャルキャスト」を活用した新しい学び方「普通科プレミアム」(学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校・S高等学校にて提供)の開始を記念したもので、今後さらに多様化していくVR市場に対応することを目的としている。

■法人の商用利用も無料に、新機能「ルーム」を使った宣伝・物販などが可能に
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」は、コンシューマー・ビジネス・エンタープライスの3つの異なるパッケージプランを提供している。

無料版の「コンシューマーエディション」は、誰でも無料でSteam、VIVE PORT、Oculus Storeからダウンロードして利用することができるものの、従来の規約では、商用利用は個人に限られており、法人は有料パッケージの「エンタープライズエディション」や
「ビジネスエディション」を利用する必要があった。

今回の規約改定により、「コンシューマーエディション」は個人・法人を問わず、誰でも無料で商用利用することができるようになる。
例えば、事務所とタレント契約をしているバーチャルYouTuberは配信サイトでの収益化に利用できる。

また、VR空間上での宣伝活動や物販を検討している法人もバーチャルキャスト内で自社の「ルーム」を作成して利用するなど、様々なニーズに合わせて自由に活用することができる。

※「ルーム」機能:ユーザーが持てる個人のVR空間。見た目・レイアウトを自由にカスタマイズでき、
他ユーザーに開放することもできるため、ストアや展示スペースなど、様々な用途に利用できる。

※なお、利用者がバーチャルキャストと自己の商品やサービスなどと組み合わせて販売する場合は、従来通り「エンタープライズエディション」「ビジネスエディションを利用しよう。

利用可能な範囲などの詳細は、法人向けページを参照しよう。

■「バーチャルキャスト」採用のVR授業「普通科プレミアム」、生徒数が約4000名に
「バーチャルキャスト」は様々な分野で導入が進んでおり、教育分野では、今年4月より、学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校・S高等学校でスタートする体験型のVRを活用した学び方「普通科プレミアム」のプラットフォームとして採用している。

世界初*1の大規模VR教育となる「普通科プレミアム」は、初年度にして約4,000名もの生徒が学ぶ予定*2であるなど、バーチャルキャストの利用者は好調に推移。

今回の「バーチャルキャスト」の規約改定はこの一連の流れを汲んだ取り組みとなり、VRをより身近な存在として広げていくのが狙い。

*1 高等学校における定常的な授業での規模として
*2 2021年5月1日予定

 
 
■関連サイト
 

法人向けページ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バーチャルキャスト

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事