ネットマーブルジャパンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ネットマーブルジャパン、2020年12月期の最終利益は5.3...

ネットマーブルジャパン、2020年12月期の最終利益は5.3%増の5310万円

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットマーブルジャパンの2020年12月期(第20期)の最終利益は第19期(2019年12月期)の最終利益は、前の期比5.3%増の5310万円となり、6期連続の黒字を達成した。前の期(2019年12月気)の実績は、5039万円だった。2月19日付の「官報」に掲載された決算公告で判明した。

同社は、Netmarble Gamesの日本法人として、PCオンラインゲームやスマートフォンゲームを提供している。『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』や『リネージュ2 レボリューション』『THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR』『セブンナイツ』『ブレイドアンドソウル レボリューション』『A3: STILL ALIVE スティルアライブ』などが主力タイトルだ。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ネットマーブルジャパン​Netmarble(ネットマーブル)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事