スマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 21年1月世界モバイルゲーム売上ランキングで『FGO』が3位...

21年1月世界モバイルゲーム売上ランキングで『FGO』が3位とTOP10復帰 『プロスピA』も8位にランクイン【Sensor Tower調査】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


米国の調査会社Sensor Towerは、2月17日付けのレポート「Top Grossing Mobile Games Worldwide for December 2020」で、2021年1月のモバイルゲームの売上トップが、テンセントの『Honor of Kings』になったことを明らかにした。

『Honor of Kings』の売上は2億6730万ドル(約282億円)で、2020年1月からおよそ22%増になったという。売上の97%が中国からとなっている。

2位にランクインしたのは同じくテンセントの『PUBG Mobile』で、その売上は2億5900万ドル(約273億円)を超え果たした。前年同期比で26%増とこちらも二桁成長となった。同タイトルの収益の60%は中国とのローカライズ版である『Game For Peace』からとなっている。次いで米国からのが9.8%を占めたとのこと。

3位には、TOP10から外れていたFGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が入った。1月の具体的な売上額や内容についての言及はなかったものの、年始に期間限定サーヴァント「★5千子村正」が登場するピックアップ召喚 「お正月キャンペーン」や「福袋召喚」を実施したほか、「復刻 セイバーウォーズ2ピックアップ召喚」「セイバーウォーズ2ピックアップ2召喚」「いざ鎌倉にさよならをピックアップ召喚(日替り)」『「Fate/Grand Order Memories Ⅲ」発売記念概念礼装ピックアップ召喚(日替り)』など開催しており、売上を伸ばしたようだ。

『原神』は先月よりワンランクダウンの4位となった。1月の売上は1億5340万ドル(約162億円)で、その中で日本が最多の33%を占めたそうだ。次いで中国が25.7%、米国が17.4%となっている。また総売上の74.2%はアジアからだという。

またTOP10を見渡すと、​コナミデジタルエンタテインメントの『プロ野球スピリッツA』が1億1250万ドル(約119億円)を売上げてランクインした。この売上額は2020年1月と比べ3倍以上も増加したようだ。これまでの累計売上は13億ドル(約1375億円)に達しており、その売上はすべて日本市場という。

そのほか、5位に『Roblox』がランクイン、10位にはミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が復帰したことが明らかになった。

Top Grossing Mobile Games Worldwide for January 2021
https://sensortower.com/blog/top-mobile-games-by-worldwide-revenue-january-2021

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事