20年10-12月決算、ビーグリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ビーグリー、20年12月期は売上高123億円、営業益11億円...

ビーグリー、20年12月期は売上高123億円、営業益11億円で着地 ぶんか社の子会社化で連結決算に移行 「無職転生」のスマホゲームの事前登録も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ビーグリー<3981>は、2月12日、2020年12月期の連結決算を発表、この第4四半期より、ぶんか社の子会社化により連結決算に移行したため、前年度比較はないものの、単独業績との比較では、売上高、営業利益、経常利益は増加、最終利益は減少している。

売上高123億7800万円(前々期単独業績104億0100万円)
営業利益11億3600万円(同8億1700万円)
経常利益9億9000万円(同8億1200万円)
最終利益4億7000万円(同4億9600万円)
 

プラットフォームセグメントの主力サービスであるコミック配信サービス「まんが王国」は、累計126作品となる「まんが王国」連載作品の配信によってコンテンツの差別化を推進している。「まんが王国」サイト内においては、ポイント購入と消費の両方であわせて毎日最大50%還元されるポイントプログラムを常時実施するとともに各種キャンペーンを実施するなど、お得感の訴求や幅広いユーザー層獲得のための販売促進活動を積極的に行った。

また、2020年8月より、同社が提供する新ラジオ番組「まんが王国 presents 世界はまんがで出来ている!」を放送開始、さらに2021年1月よりTVCMの放映が決定するなど、ユーザーの興味・関心を促進し、サイトへの流入を促す幅広い広告宣伝活動を実施している。
これらの取り組みにより、2020年12月に累計ダウンロード数が14億冊、2021年1月に会員登録数が450万人を突破した(累計ダウンロード数は、無料タイトル及びコマ形式のタイトルを冊数換算したものを含む)。

小説投稿サービス「ノベルバ」は、2020年4月より、最優秀賞として竹書房での書籍化を確約した「恋愛小説コンテスト」をパブリッシングリンクと共同で開催するとともに、2020年11月にオリジナルレーベル「ノベルバノベルズ」を創刊するなど、作家デビュー支援とサービスの差別化を行っている。

また、同年8月には、人気ライトノベル「転生したらスライムだった件」をはじめとするマイクロマガジン社作品の配信を開始し、12月には小学館ガガガ文庫の配信を開始するなど、投稿作品だけでなく商業作品の許諾獲得にも注力し、幅広いジャンルでのコンテンツ拡充を進め、サイトの活性化に努めている。

IPプロデュースは、MFブックスより書籍化されシリーズ累計発行部数は400万部を超える超人気小説である「無職転生〜異世界行ったら本気だす〜」のスマートフォンゲームの配信を発表するなど、「まんが王国」とのシナジーを見据えたプロジェクトへの投資を行っている。また、オンラインイベントの開催やオンラインくじ発売など、様々なコンテンツのプロデュースやプロモーション支援活動にも取り組んでいる。

コンテンツセグメントは、ぶんか社を中心に新規・既存タイトルの発刊、新人作家の発掘のためぶんか社グループが運営するスマートフォン向けコミックサイト「マンガよもんが」にて「マンガよもんが新人賞」を年4回実施するなど精力的な活動を実施した。

なお、2021年12月期通期の連結業績予想は、以下のとおり。

売上高196億8200万円
営業利益13億5000万円
経常利益12億1000万円
最終利益5億2400万円
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ビーグリー20年10-12月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事