Lost Light(ロストライト)、NetEase Games、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム事前登録記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > NetEase、スマホ向けバトルシューティングゲーム『Los...

NetEase、スマホ向けバトルシューティングゲーム『Lost Light(ロストライト)』のCβTをオーストラリアとニュージーランドで1月28日より開始

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

NetEase Gamesは、本日(1月21日)、バトルシューティングスマホゲーム『Lost Light(ロストライト)』のクローズβテストをGoogleストアを通じてオーストラリアとニュージーランドで1月28日より開始することを発表した。

本作では、プレイヤーは「ホタル」特別小隊(Firefly Squad)のメンバーになり、秩序が崩壊した危険な封鎖ゾーン(Exclusion Zone)で生き残るために動き、背後に隠された秘密と陰謀を探ることになる。プレイヤーは、しっかりと全身武装して戦場に出て、敵を一掃し、たくさん収穫を得ることができる。または、見知らぬ人と協力して物資を集め、封鎖ゾーンで生き残り、より多くのチャレンジに立ち向かうこともできる。
 

■リアリティー満載な銃器、自由に改造
シューティングゲームとして、『Lost Light』の世界には種類豊富な銃が揃っている。本作では、銃器は現実にそって1:1で再現される。これらの銃器は、非常に高い物理的構造と材料性能を備えているだけでなく、サンドボックス化の改造にも対応できる。改造可能な部位は12もあり、また改造に使用できるパーツは百種類以上もある。これらを自由に組み合わせることで、数百以上の改造パターンを生み出せる。自分の考えを存分に生かし、自分に最適なカスタマイズされた銃を選ぼう!



■様々なインタラクティブ、協力して生き延びよう
本作では、一度遭遇すると決着をつけるまで戦うことが唯一の選択肢ではない。戦場では、より多くの協力プレイが可能で、ノックダウンされた見知らぬ人を救出し、その人と一時的なチームを結成して封鎖ゾーンから抜け出すことができる。同様に、自分がノックダウンされた場合、救援のメッセージを送り、周りの見知らぬ人に自分の座標を開示し、物資を報酬として取引し、取引相手から助けを得ることもできる。一人で戦い抜くか、一時的に敵と一緒に戦うか? 状況を確認、判断して、慎重に行動を取ろう。



■生存のための経営、自由に交易する
廃れた終焉の地で、自分の身を守る方法とは?

第一に、戦場から物資を集める。
第二に、物資を使用して、地下鉄の廃墟を生存に適した避難所に変える。
第三に、商品を交易し、他の人と情報共有する。必ずしも戦場で戦う必要はなく、ビジネスを行うことで、この世界で生き延びることもできる。




■『Lost Light(ロストライト)』

 

公式サイト



 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Lost Light(ロストライト)NetEase Games

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事