Sp!cemartゲームアプリ調査隊、ポノスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲームアプリ調査隊】ランキング急上昇中の『にゃんこ大戦争』...

【ゲームアプリ調査隊】ランキング急上昇中の『にゃんこ大戦争』。日本にエールを送る、 明るく楽しい8周年施策を調査(提供:Sp!cemart)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

スマートフォンゲームの日々の運用とその効果をリサーチし、ゲーム関連企業へマーケティングデータを提供するSp!cemart(スパイスマート)。ゲームアプリの運用情報をいつでもウォッチできる「Sp!cemartカレンダー」や、毎月発行しているレポートを提供している。

なかでもカレンダーは、セールスランキング上位のモバイルオンラインゲームのゲームシステム・運用施策をダッシュボード形式のWEBツールとして提供。ゲーム内プロモーション施策の効果測定やセールスランキングと運用効果の相関関係を時系列で分析できる。
 

Sp!cemart
カレンダー・レポート
お問い合わせ


本連載記事ではSp!cemart協力のもと、カレンダー機能を用いた、ランキング上位タイトルの直近のゲーム内施策を分析。今回は、ポノスのにゃんこ大戦争』の8周年施策をピックアップする。

   
(以下、Sp!cemartゲームアプリ調査隊より) 
 

【調査箇所】8周年のテーマは「ニッポン にゃにゃにゃ!」

 

■『にゃんこ大戦争
提供:ポノス
リリース日:2012年11月15日
【調査箇所:2020年11月15日〜12月5日】

 

2020年11月15日で8周年を迎えた長期運営タイトルの『にゃんこ大戦争』。9年目を歩むなか、周年施策が功を奏してかApp Storeのセールスランキング及ぶ無料ダウンロードランキングで急浮上を果たしました。そもそも周年施策とは関係なく、通常運用でも安定したランキング推移を誇っており、まさにロングセラーを記録しているタイトルです。
 
ちょうど1年前にも、本連載で7周年施策を取り上げました。本来、長期運営タイトルともなると、ランキングで垂直立ち上がりを見せるのは難しい、あるいはTOP100圏内を凪の状態で運営を続けていくのが精一杯かと思います。というのも、長期運営タイトルには「ゲーム内容が時代と乖離」「内容の複雑化」「進むインフレ化」「新規獲得が困難」など、さまざまな課題が山積しているからです。
 
加えて『にゃんこ大戦争』は、シンプルなタワーディフェンスゲームです。長期運営タイトルにもなると、ユーザーの飽和状態の打開策として、マルチプレイを導入したり、大きな刷新をはかるためにゲーム仕様を改修したりと、多様な取り組みが講じられます。
 
しかし、本作は昔ながらのゲーム性を尊重し、期間限定イベントやコラボ、そしてバラエティに富んだマーチャンダイジング施策で人気を継続しているのです。


▲8周年のテーマは「ニッポン にゃにゃにゃ!」
 

マーケティング施策においても、TVCMが有名人を起用した大々的なものではなく、あくまでもマスコットキャラクターのにゃんこを中心に打ち出したクリエイティブです。一見、保守的に見えても実はとてつもないチャレンジ精神であることがうかがえます。また、その人気は子供たちへのアプローチでも感じることができます。
 
ここからは『にゃんこ大戦争』のマネタイズのおさらいをはじめ、直近におけるランキング推移と8周年施策について、ランキング推移とゲーム内施策を一覧で閲覧できる「Sp!cemartカレンダー」を用いて深掘りしていきましたまずはプロモーション施策についてまとめていきました。
  

【プロモ施策】スピンオフアプリで8周年施策の導線に

 
【周年に関連したプロモーション施策】
■ 2020年11月20日~12月10日 8周年記念Twitterキャンペーン第1弾
■ 2020年11月21日 TVCM放映開始
■ 2020年11月26日 スピンオフアプリ『にゃんこ新日本』リリース

 
8周年に関連した主なプロモーション施策は上記の3つ。SNSのデジタルマーケティングからマス向けのTVCM、さらにはスピンオフアプリまでバラエティに富んだ施策を展開していました。
 
まず、8周年記念Twitterキャンペーン第1弾では、「8」周年にちなんで888円分のオリジナルデザインのクオカードを888名に、そして 新発売のブランケットを含む、 おうちでホッと一息したい時に便利なグッズセットを88名にプレゼント。
 
参加方法は『にゃんこ大戦争』公式Twitterをフォローし、対象の投稿をRTするだけで、すぐに当落が分かる仕様となっています。キャンペーンは第3弾まで予定。


▲8周年記念Twitterキャンペーン第1弾の景品

 

▲応募方法の対象ツイート。スロットのクリエイティブで、当落がすぐに分かる内容になっています。なお、リツイート数は4.5万RTに及んでいます。
 
冒頭でも紹介したTVCMは、11月21日より全国にて放映開始。TVCMのクリエイティブは「ニッポン!にゃにゃにゃ!篇」として、たくさんのにゃんこたちが日本にエールを送る、 明るく楽しい内容となっています。ちなみに、周年施策の目玉は「ネコカン888個プレゼント」ですが、あえてTVCMのメッセージでは「8周年でいい感じなもの大サービス!」とぼかしているところがなんとも『にゃんこ大戦争』らしくユニークです
 
周年のタイミングは、既存ユーザーに向けた日頃の感謝(エンゲージメント向上施策)をはじめ、今回のようにTVCMなどの大規模プロモーションを展開する節目のときで、新規獲得及び休眠復帰が見込めます。加えて本作は2020年10月時点で全世界ダウンロード数が5600万を突破しており、長期運営タイトルゆえに認知度も高く、TVCMを通して興味を持つ潜在ユーザー、かつて遊んだことのある休眠ユーザーが多いことも特徴的です。
 
余談ですが、2019年10月時点の全世界ダウンロード数は4700万でした。つまり、8年目となる1年間で900万ダウンロードを上乗せしたことになります。繰り返すようですが、本作は長期運営タイトルのため、本来であればダウンロード数も鈍化するはずです。にもかかわらず、これだけのダウンロード数を積み上げられるのは底知れぬポテンシャルを持っているようです。

 

そのほか、2020年11月26日に8周年を記念したスピンオフアプリ『にゃんこ新日本』をリリース。その内容は、登場する都道府県を1つずつ積み上げて、新しい日本を作り上げていくのが目的。

都道府県は積み上げるとグラグラ揺れるので、いかに平坦に積み上げていくかがポイントになります。なお、本作をクリアしシェアすると『にゃんこ大戦争』で使えるレアチケットが手に入るとのこと。 
 

【ゲーム内施策】ネコカン888個プレゼントの大盤振る舞い

 
ここからはゲーム内の8周年施策について言及していきます。
 
その前に、まずは『にゃんこ大戦争』のマネタイズからおさらいしておきましょう。本作のマネタイズは、主に有償アイテムのネコカンの販売です。ネコカンはガチャや特定アイテムの購入などに使用します。ネコカンのラインナップは以下の通り。
 
【ネコカンのラインナップ】
・ネコカン30個(120円)
・ネコカン100個<7個お得>(370円)
・ネコカン200個<17個お得>(730円)
・ネコカン340個<35個お得>(1,220円)
・ネコカン690個<80個お得>(2,440円)
・ネコカン1080個<225個お得>(3,420円)
・ネコカン1860個<485個お得>(5,500円)
・ネコカン3900個<1400個お得>(10,000円)

 
ガチャでは、バトルに参加できるユニットが手に入り、1回でネコカン150個(600円相当)、10連で1500個(6,000円相当)必要です。ユニットは強力かつレアリティが定められており、期間限定ガチャで新しいユニットが登場するたびに、ランキングも上昇することを鑑みると、やはり本作における収益の大半はガチャが占めていることが考えられます。
 
他方、経験値を用いたユニットの育成も本作では重要度が高いため、ネコカンを経験値に変換したり、ステージを有利に進めるための特定アイテムを購入したりと、さまざまな場面で有償アイテムが使用されます。
 
【調査箇所:2020年11月15日〜12月5日】※再掲

 
Sp!cemartカレンダーでは、8周年施策の開始前から現在までのランキング推移として、2020年11月15日(日)~12月5日(土)を抜粋しました。
 
ランキング推移は、8周年施策が奏功しているのか、無料・セールス共に高い順位を記録しているのが分かります。ここではカレンダー上のデータと照らし合わせながら、“8周年のタイミングにどのような施策を展開していたのか”にフォーカスをあてていきます。
 
8周年の主なゲーム“内”施策(一部抜粋)】
■ 11月20日~11月28日 8周年記念「にゃんこスロット」
■ 11月20日~11月24日 レアガチャイベント「超選抜祭」
■ 11月20日~12月26日 8周年記念ミッション
■ 11月20日~12月9日 8周年記念「にゃんこからのお願い」
■ 11月20日~11月29日「大感謝パック」「超限定セール」を期間限定で販売

 
8周年のゲーム内施策を抜粋しましたが、このほかにもさまざまな期間限定イベントを展開していました。例年よりも増して施策が多いのはもとより、大々的にTVCMを放映していることから、新規及び休眠復帰ユーザーの定着に結びつく施策が多いのも特徴です。
 
なかでも目玉は、ネコカン888個以上が必ず当たる「にゃんこスロット」でしょう。最低でもネコカンが888個(3,552円相当)手に入るだけあって、ユーザーに対する訴求度も高いです(ちなみに昨年は777個なので増えています)。
 

▲最初にネコカン888個が当たり、その後のボーナスチャンスで+αまた貰えるという流れになります。

 

▲なお、にゃんこスロット利用後には、最終的に何個当たったかをSNSに投稿する導線を設けていました。
 
また、8周年記念「にゃんこからのお願い」を達成すると、さらに追加でネコカン888個が貰えました。お願いは、レジェンドストーリーのネコ基地で表示されます。その内容とは、にゃんことの会話を「はい」か「いいえ」で答えていき、タイトル画面のオプションから「友達招待」を押すだけ。ただし、その後も会話は続いていき、次の会話に移るのは約1日経過する必要があります。

  

最終的に4回の会話を経て、追加のネコカン888個を貰うことができます。そんなに難度の高くないお願いであるものの、時間経過が必要になるため、数日間はログインすることになります。にゃんこのユニークな会話も然ることながら、ネコカン888個獲得のために、継続的にログインを促す施策としても機能していることでしょう
 
加えて、レジェンドストーリーのネコ基地のみで表示されるため、ネコカン欲しさに駆け出しユーザーは日本編や未来編などのクリアを目指すという、ゲームプレイ促進にもつながるのではないでしょうか。
 
一方でセールスランキングに寄与したのは、計4種類のお得パックの販売です。限定パック「大感謝パック」と「超限定セール(超梅/超竹/超松)」の計4種類のセットを、11月20日から11月29日まで販売していました。どれも大量のネコカンやレアチケット、経験値などがセットになった、お得なパックになっています。
 
これらのお得パックは、既存ユーザーはもとより、ある程度進めていた休眠復帰ユーザーにも訴求度が高いです。ステージ踏破式の本作は、クリアできないステージなど壁にぶつかるタイミングも多々存在し、大量の経験値を獲得できることは、にゃんこたちの育成にもつながっていきます。また、後述するガチャの利用にも寄与していきます。
 


▲「大感謝パック」

▲「超限定セール(超梅/超竹/超松)」

 
上記のお得パックで獲得したネコカンは、各レアガチャシリーズを代表するキャラクターが集結した「超選抜祭」で利用されたことでしょう。このガチャには超選抜祭限定の「ちびネコヴァルキリー」「ネコ七福神」に加え、超ネコ祭限定キャラ「幼獣ガオウ」が参戦しており、主に既存ユーザーの利用が予想されます。
 


上記で紹介したのは、あくまでも8周年施策の第1弾です。すでに第2弾のゲーム内施策も開催しており、変わらず驚きの大盤振る舞いで話題になっています。
 
直接的な8周年施策ではありませんが、マーチャンダイジング施策ではオリジナルグッズの販売も人気です。直近でも、後ろへ引いて手を離すと走る玩具「しゅつげき!!にゃんこ大戦争 ネコ」や、にゃんこ初の日めくりカレンダーなど、さまざまなタイプのグッズが販売されています。
 
長期運営タイトルは凪の状態が長く続くものですが、『にゃんこ大戦争』に限ってはまだまだ成長のポテンシャルを秘めているのではないでしょうか。今後もゲーム内外の施策から同作の運用における秘訣を探っていければと思います。
 

「Sp!cemartカレンダー」では、各ゲームのイベント情報をランキング推移と共に閲覧できます。自社はもとより、競合他社の施策一覧を取りまとめた分析などにもご活用できます。ぜひ、ご興味がある方はお問い合わせページからご連絡ください。

Sp!cemart
カレンダー・レポート
お問い合わせ

 
■執筆 <株式会社スパイスマート>
スマートフォンゲーム内運用に関する調査・分析を行うリサーチ事業とコンサルティング事業を展開しており、「Sp!cemart」というサービス名称で各種ソリューションを提供。

コーポレートサイト:http://corp.spicemart.jp/
Sp!cemart 商品に関する問合せ:info@spicemart.jp
 

■Sp!cemartゲームアプリ調査隊 バックナンバー

Vol.1 〜待望のシリーズ最新作『マリオカート ツアー』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.2 〜新作リズムゲーム『欅坂46・日向坂46 UNI'S ON AIR』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.3 〜初週で全世界1億DLを記録した『Call of Duty®: Mobile』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.4 〜Riot Games大特集。新作『Team Fight Tactics』の概要から『LoL』の直近プロモ・e-Sports施策まで〜

Vol.5 流入から定着まで繋げた7つの施策…大ヒット中の『FFBE 幻影戦争』、事前登録からリリース直後の施策を総まとめ

Vol.6 事前プロモ(ほぼ)なし…突如配信された『ワールドフリッパー』ヒットの背景。リリース前後の施策を分析

Vol.7 運営7周年を迎えた長期運営タイトル『にゃんこ大戦争』…長く愛される理由をゲーム“内外”の施策から分析

Vol.8 好調なリスタートを切った『魔界戦記ディスガイアRPG』、リリース中断から再開までの8ヵ月間の動向を分析

Vol.9 大ヒット中の『デュエル・マスターズ プレイス』、売上ランキング2位の背景をIP×マネタイズの観点から分析

Vol.10 スマホ向けパズルゲームのトップを走る『ガーデンスケイプ』の施策とシリーズの強みを分析

Vol.11 海外発のストラテジーゲーム『Rise of Kingdoms -万国覚醒-』がヒットの兆し。リリース前後の施策を分析

Vol.12 ヒットを生み出し続けるYostar待望の新作『アークナイツ』を分析。リリース前施策からマネタイズまで

Vol.13 売上ランキングTOP10入りの『メダロットS』を分析。既存ファンに向けた「メダロット」ならではの露出も

Vol.14 ゲームはスローライフだが運営施策は挑戦的…『どうぶつの森 ポケットキャンプ』これまでの歩み

Vol.15 目指したのは「リアルなミニ四駆体験の追求」…『ミニ四駆 超速グランプリ』ヒットの背景を分析

Vol.16 『モンスト』×「鬼滅の刃」コラボを分析…IP頼りで終わらず、推奨行動など多様な施策で盛り上げる

Vol.17 放置ゲームの新たな形『ロストディケイド』の挑戦。“放置させない”循環や独自性の高いマネタイズも

Vol.18 『モンスターハンター ライダーズ』はゲーム系IP作の新境地。改めて考えるモンスターの価値と魅力

Vol.19 原作再現度の高さで話題沸騰――大ヒット中『このファン』のゲーム内外施策を調査

Vol.20 新旧ではなく共存共栄――『あんさんぶるスターズ!!Basic&Music』リリース前後のゲーム内外施策を調査

Vol.21 周年施策から辿る『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』大ヒットの背景。1・2・3周年でなにが起こったのか

Vol.22 原作の裾野を広げる『ヒプノシスマイクARB』。話題沸騰の「ヒプマイ」ゲームアプリのリリース前後施策を分析

Vol.23 『ディズニーツイステッドワンダーランド』TOP3入りの背景。ゲーム内外の演出と注目ポイントを分析

Vol.24 無料DL・セルラン共に急上昇――最新作『あつ森』発売後、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』で何が起こったのか

Vol.25 中国テンセントゲームズが放つ近未来MMORPG『コード:ドラゴンブラッド』が大ヒット。国内ユーザーに響いた理由を探る

Vol.26 セルラン首位を2度獲得した『FFBE 幻影戦争』。該当期間にフォーカスして徹底分析

Vol.27 放置ゲームの新たなヒット作『魔剣伝説』。“縦画面のMMORPG”を謳った功罪からゲーム概要まで

Vol.28 『Ash Tale~風の大陸~』が1周年。人気を継続する背景をゲーム内施策から紐解く

Vol.29 原作と二次創作へのリスペクトに満ち溢れた『東方LostWord』。大ヒット中の東方×スマホゲームの施策を分析

Vol.30 勢いが止まらない『ディズニー ツイステッドワンダーランド』…ランキング上位を維持する背景とその魅力

Vol.31 最近話題の「ハイパーカジュアルゲーム」。人気タイトル3本のマネタイズと画面UIを徹底分析

Vol.32 硬派な海外IPタイトルでも中身は日本人好み…『Fallout Shelter Online』国内ヒットの背景を分析

Vol.33 『白猫プロジェクト』×「鬼滅の刃」コラボを分析…新規・休眠復帰ユーザーの流入にも大きく貢献

Vol.34 間もなく夏本番。長期間展開する「夏休み施策」で各社どのような取り組みを行っているのか

Vol.35 リニューアルから早3ヵ月…『あんさんぶるスターズ!!Basic/Music』が示した共存共栄と5年間の厚み

Vol.36 リリース1週間でセルランTOP10入りを果たした新進気鋭の放置型RPG『AFKアリーナ』、国内ヒットの背景を分析

Vol.37 国内を賑わす“ケモガールRPG”『レッド:プライドオブエデン』とは。キャラの魅力を存分に引き出す演出と施策を分析

Vol.38 セルラン最高1位の『ドラゴンクエストタクト』ヒットの背景を分析。信頼と懐かしさと、裾野を広げた関連作の存在

Vol.39 歴代キャラの支えと、新規性に富んだオリジナル要素のチャレンジ。『テイルズ オブ クレストリア』のリリース前後を分析

Vol.40 セルラン1位を獲得した『アークナイツ』。該当期間にフォーカスして徹底分析

Vol.41 『ドラゴンクエストタクト』配信から1ヵ月。セルラン1位を3度も獲得した背景に「りゅうおう」の存在

Vol.42 コロナ禍、初めての夏、間もなく1周年…人気が衰えることのない『ドラゴンクエストウォーク』の夏施策を調査

Vol.43 5周年を迎えた『アイドリッシュセブン』。休眠ユーザーに訴求したSSR7人確定の「無料77連ガチャ」が話題

Vol.44 リリースから半年の『このファン』を調査。夏施策も話題になったこれまでと、次の周年に向けたこれから

Vol.45 飛ぶ鳥を落とす勢いの『AFKアリーナ』。放置系ゲームとしての魅力・強みはどこにあるのか

Vol.46 大人気ラノベが遂にスマホRPGへ。セルランTOP5入りを果たした『リゼロス』ヒットの背景を探る

Vol.47 『FGO』5周年ゲーム内外施策を分析。多角的な取り組みで無料DLランキングも急浮上

Vol.48 シリーズ35周年の集大成『三國志 覇道』がヒット。“国内発のストラテジーゲーム代表”として期待

Vol.49 『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』ヒットの背景と今後に期待できる3つの理由

Vol.50 全世界2500万人が体験した聖闘士たちの躍動。海外開発の『聖闘士星矢 ライジングコスモ』が日本でヒットした背景

Vol.51 中国bilibiliの新作『ファイナルギア』がスマッシュヒットを記録中。その勢いをゲーム内外から分析

Vol.52 話題沸騰の『D4DJ Groovy Mix』、事前プロモからリリース直後の施策まで分析

Vol.53 『オクトパストラベラー 大陸の覇者』はシングルプレイRPGに根ざした運営。リリース前後の状況を分析

Vol.54 『原神』ヒットの軌跡。 リリース前後の施策から読み解く

Vol.55 『モンスターストライク』7周年施策を分析。長期運営タイトルとして仕掛けたゲーム内外施策を探る

Vol.56  1周年を迎えた『FFBE幻影戦争』。「FFX」コラボや有償1幻導石ショップなど気になる施策をピックアップ
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Sp!cemartゲームアプリ調査隊スパイスマートポノス

企業情報(株式会社スパイスマート)

会社名 株式会社スパイスマート
URL http://corp.spicemart.jp/
設立 2015年7月
代表者 張青淳
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事