原神、miHoYoに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > スマホ版『原神』、リリース2ヶ月で3億9300万ドル(約40...

スマホ版『原神』、リリース2ヶ月で3億9300万ドル(約409億円)を売り上げる 中国、日本、米国で7割を稼ぐ【Sensor Tower調査】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


米国の調査会社Sensor Towerは、12月1日付けのレポート「Genshin Impact Generates Close To $400 Million in First Two Months, Averaging More Than $6 Million a Day」で、miHoYoの『原神』において、リリース後2ヶ月(9月28日〜11月28日)の売上が3億9300万ドル(約409億円)に達したことを明らかにした。この記録はテンセントの『Honor of Kings』(約484億円)に次ぐ第2位の記録だという。

『原神』のここ2ヶ月の売上の内訳は、初月の2億4500万ドル(約255億円)、翌月がおよそ1億4800万ドル(154億円)となった。

同タイトルの売上は、中国が総額の30.5%にあたる1億2000万ドル(約125億円)が占めた。2位は日本で約9800万ドル(約102億円)で25%、3位は米国が約7400万ドル(約77億円)の18.8%となった。この3カ国で総売上のおよそ74.3%に達した。

※売上はスマートフォンのみ。またサードパーティ製のアンドロイドストアも含まれていない。

その他レポートではApp StoreとGoogle Playの売上の比率なども公開している。

「Genshin Impact Generates Close To $400 Million in First Two Months, Averaging More Than $6 Million a Day」
https://sensortower.com/blog/genshin-impact-first-two-months-revenue

 
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 原神miHoYo

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事