20年7-9月決算、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Aiming椎葉社長、ゲーム開発会社として今後も開発力向上取...

Aiming椎葉社長、ゲーム開発会社として今後も開発力向上取り組む 『DQタクト』のヒットで引き合い IPに注力するスマホゲーム会社と異なる方向性

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


Aiming<3911>の椎葉忠志社長(写真)は、この日(10月30日)に開催した第3四半期の決算説明会で、今後の経営方針について質問されると、中長期的にもゲーム開発会社として開発力の向上に引き続き取り組んでいく考えを示した。昨今、スマートフォンゲームの会社の中にはIP(知的財産)の獲得・育成に取り組む動きが増えているが、「私(椎葉社長)も含めて役員、開発スタッフともに新卒からゲームづくりを続けてきた人間ばかりだ。そしてゲーム開発会社は、開発力があってこそなので、そこを集中的に磨き続けたい」と述べた。

「フロムソフトウェアやプラチナゲームズは、長い時間をかけて開発力を高めてきたが、昨今の世界的なゲーム市場の拡大の中、高く評価され、成功を収めている。当社もスタッフの力量を継続的に伸ばし、会社としての実力を高めていきたい」。そして、既存タイトルの安定運用を行うとともに、中小規模のオリジナルタイトルの企画・開発、受託案件に注力するという。幸い、『ドラゴンクエストタクト』のクオリティへの評価は業界内でも高く、同社への引き合いは足元で増えているそうだ。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年7-9月決算Aiming

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事