カヤックに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームTech記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > カヤック、バーチャル上で安心して商談会やイベントができるオン...

カヤック、バーチャル上で安心して商談会やイベントができるオンラインイベントプラットフォーム「Remobiz(リモビズ)」の提供を開始

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

カヤック<3904>は、新型コロナウイルスの収束が見通せないことからリアルイベントの開催自粛や中止が増える中、バーチャル上で安心して商談会やイベントができるオンラインイベントプラットフォーム「Remobiz(リモビズ)」の提供を10月21日より正式に開始した。

「リモビズ」は、2020年4月から開発を進め、7月7日に予約受付を開始していた。今回、10月に実施される約1000人が参加予定の就活イベントに初めて「リモビズ」が活用されることとなり、今後もBtoB向け商談会やBtoC向けイベントなどで導入される予定だ。

■シンプルで無駄のない2次元UI/UXで誰でも簡単に運営・参加できる
Remote(リモート)とBusiness(ビジネス)を両立させるという意味で名付けた「Remobiz(リモビズ)」は、リアル空間でイベントをする準備や運営の手間を削減し、出展者も参加者も安心して簡単に利用できるオンラインイベントプラットフォーム。新型コロナウイルス感染の収束が見通せないことでリアルイベントの開催自粛や中止が続く一方で、VR(仮想現実)空間を活用したオンラインイベントサービスが増えている。

しかし、「リモビズ」では「対話機会の最大化」を一番に考え、2次元のシンプルなUI/UXを採用した。そのため、参加者のデジタルリテラシーの程度に左右されず、オンライン会議を利用する感覚で、誰でも簡単に操作できるのが特徴となっている。また、運営側にとっても各ブースでのLive配信や文字入れ、URLリンクの埋め込みなどの準備や当日の運営を、技術者のサポートなしで自分たちで簡単に操作できる。

■ライブ配信からビデオチャット、名刺交換、ファイル共有までシームレスなイベント・商談を実現
「リモビズ」を活用したイベントでは、参加者はアカウント登録やログインは不要で、名前とアイコンの設定をしただけで簡単に参加が可能。基調講演など動画をライブ配信から、名刺交換やファイル・PC画面共有ができるオリジナルビデオチャットでの商談まで、「リモビズ」内でイベントと商談の全て完結できることが魅力となっている。

<主な機能例>
1. ビデオチャット機能

カヤックオリジナルのビデオチャット機能で、複数人でのオンライン商談が可能。また、外部サービスを用いないため、ワンクリックでスムーズな商談に移行できる。自分の商談までに何人待っているかが表示され、自分の順番になるとポップアップ通知がくるので、待ち時間に他のブースを回ることができ効率よくイベントに参加できる。

2. 名刺交換、ファイル・PC画面共有機能
ビデオチャット中の参加者に限定して、簡単に名刺の交換やファイル共有ができる。またPC画面を参加者同士で共有できるので、ブラウザ、PDF、PowerPointなどの画面を見せながらの商談が可能。なお、ビデオチャットを閉じればファイルは安全に消去される。

3. ドローイング機能
ドローイング機能は、ビデオチャット中の画面に映る資料(ブラウザやPDF、PowerPointなど)に、全ての参加者が同時に手書きで書き込むことのできる機能。リモートでのコミュニケーションを活発にし、商談を効率的かつ円滑に進めることができる。

4. オンラインなのに、”人を感じる”UI/UX
オフラインイベントとオンラインイベントの大きな違いは、"人の賑わい"が感じにくいことではないだろうか。「リモビズ」では、オンライン上に総合参加人数を表示したり、各ブースに参加者アイコンがランダムに並ぶことで、視覚的に賑わいを感じられる演出をしている。

5. 外部サービスに連動し、多種多様なページ構築が可能
管理画面はシンプルなUIデザインで、感覚的に誰でも簡単に操作できる。各ブースはYoutubeやSlideShareの貼り付けなど各種Webサービスの埋め込みに対応しているので、多種多様なページ構築が可能。また、SnapCameraに代表されるような、外部カメラフィルターにも対応している。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カヤック

企業情報(株式会社カヤック)

会社名 株式会社カヤック
URL http://www.kayac.com/
設立 2005年1月
代表者 柳澤大輔/貝畑政徳/久場智喜
決算期 12月
直近業績 売上高58億1600万円、営業損益3億9100万円の赤字、経常損益3億4700万円の赤字、最終損益2億5300万円の赤字(2018年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3904

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事