ハピネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームM&A記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ハピネット、洋画や邦画の配給、企画、製作、宣伝などを手掛ける...

ハピネット、洋画や邦画の配給、企画、製作、宣伝などを手掛けるファントム・フィルムを10月1日付で子会社化

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ハピネット<7552>は、9月29日、洋画や邦画の配給、企画、製作、宣伝などを手掛けるファントム・フィルムの株式を10月1日付で取得し、100%子会社化することを発表した。なお、取得先・取得価額については非開示。

同社は、グループの映像音楽事業について、配信サービスの普及などにより市場環境が変化していくなかで、メーカー業の事業拡大に向け、関連する様々な機能の拡充を図ってきた。

ファントム・フィルムは洋画や邦画の配給、企画、製作、宣伝などを行っており、様々なヒット作品を手がけてきたノウハウを持つ企業。ハピネットも邦画・アニメ作品を中心に多くの映像作品を手掛けてきたが、今後のメーカー業拡大において、ファントム・フィルムの持つノウハウは大きな強みとなる。

同社のグループ入りにより事業を拡大し、映像作品の企画・製作から配給、国内外へ向けたライツやパッケージ販売まで一気通貫したビジネスを行うことで両社の強みを活かし、作品の魅力をより高め、良質な作品を多くの方にお届けしていくことが可能になると判断し、株式を取得して子会社化することを決定した。

なお、今回の子会社化は2021年3月期の業績(連結・個別)に与える影響については軽微な見通しだが、中長期的には収益の向上に寄与するものと見込んでいるとしている。

<ファントム・フィルム業績動向>

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ハピネット

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事