20年4-6月決算、マイネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > マイネット上原社長、「完全復活」を宣言 第2四半期は営業益が...

マイネット上原社長、「完全復活」を宣言 第2四半期は営業益が4.4億円と過去最高を更新 「巣ごもり消費」と構造改革で成果

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


マイネット<3928>の上原仁社長(写真)は、動画配信した決算説明会で、第2四半期(20年4~6月)の営業利益が4億4000万円と過去最高を更新したことを明らかし、「完全復活」を宣言した。2019年の第1四半期から連続で赤字となるなど苦戦していたが、2020年第1四半期から2億5000万円の黒字に転じ、さらに営業利益を伸ばした。売上高についても、「巣ごもり消費」を追い風として、2018年10~12月以来の30億円台に回復した。
 


追い風に乗れたのは、昨年から「リカバリープラン」で構造改革を行い、体質改善に成功したことが大きい。赤字タイトルを買い取って再設計する手法などリスクの高い事業から撤退する一方、人員と経費の最適化、RPAを活用した効率的な運営の追求、データ重視運営の再徹底、MYLOOPS買収など矢継ぎ早に手を打ち、短期間で大きな成果が出した。
 


その一方で、AI事業やマーケティング事業、ライツ事業に加えて、5G時代を見据えてライブゲーム事業「Repaint(リペイント)」と新規事業への取り組みも強化している。当面は、主力のゲーム運営を中心に成長を図っていくことになるだろうが、次の成長を支える事業として期待される。
 


同社は、ゲーム運営が事業の中心となっているため、新作リリースを派手に打ち出すゲーム会社に比べて、派手さに欠ける傾向にあるのは否めない。だが、「リカバリープラン」という短期の取り組みだけでなく、「先」を見据えた先行投資も並行して行うなど、「100年成長企業」の実現に余念がない。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年4-6月決算マイネット

企業情報(株式会社マイネット)

会社名 株式会社マイネット
URL http://mynet.co.jp/
設立 2006年7月
代表者 上原 仁
決算期 12月
直近業績 売上高121億3300万円、営業利益1700万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益32億5700万円の赤字(2018年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3928

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事