シリコンスタジオに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームセミナー記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > シリコンスタジオ、 Enlightenとリアルタイムレイトレ...

シリコンスタジオ、 Enlightenとリアルタイムレイトレーシングの組み合わせによる新しいグローバルイルミネーションの手法をCEDEC2020で発表

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
シリコンスタジオ<3907>は、2020年9月2日から4日までの3日間、 オンラインで開催される「CEDEC2020」のスポンサーセッションで、 Enlightenとリアルタイムレイトレーシングの組み合わせによる新しいグローバルイルミネーションの手法について発表する。

レイトレーシングは、 光源などから出た光の屈折や反射を物理法則に則ってシミュレーションすることにより、 フォトリアルなCGの描画を実現する技術。 GPUパワーやアーキテクチャーの進化に伴い、 注目を集めている。

しかしながら、 レイトレーシングのみで高品質なGIを実現するには大量の光線を繰り返し飛ばさなければならず、 最新のGPUパワーをもってしても、 ゲームのようなインタラクティブ性が要求される環境では十分な計算量を確保することが困難。

そこで同社では、 Enlightenとリアルタイムレイトレーシングの組み合わせにより、 フォトリアルな画を描画できるリーズナブルな手法がないかを検証し、 Hybrid型のグローバルイルミネーションを開発したという。

CEDEC2020のセッションでは、 その開発中に出会った問題や解決方法などを、 Enlightenの最新機能とともに紹介していくという。


タイトル:
「リアルタイムレイトレーシング+EnlightenによるHybrid型グローバルイルミネーション」

配信日時:
2020年9月2日11:00~12:00

講演者(敬称略):
蘇 紹華(シリコンスタジオ テクノロジー事業本部 技術統括部 ミドルウェア技術部)
吉野 潤(シリコンスタジオ テクノロジー事業本部 技術統括部 ミドルウェア技術部)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( シリコンスタジオ

企業情報(シリコンスタジオ株式会社)

会社名 シリコンスタジオ株式会社
URL http://www.siliconstudio.co.jp
設立 2000年1月
代表者 会長:関本晃靖、社長:寺田健彦
決算期 11月
直近業績 売上高61億1500万円、営業損益12億5100万円の赤字、経常損益12億200万円の赤字、最終損益11億3700万円の赤字(2017年11月)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3907

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事