20年4-6月決算、エイベックスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エイベックスのアニメ事業、第1四半期は売上半減、赤字転落 パ...

エイベックスのアニメ事業、第1四半期は売上半減、赤字転落 パッケージと配信の売上減、イベント減響く コスト削減で赤字幅は1000万円にとどめる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エイベックス<7860>は、この日(8月6日)、第1四半期のアニメ事業が大幅減収・赤字転落となったことを明らかにした。発表によると、売上高が前年同期比46.4%減の18億6400万円、営業損失が1000万円(前年同期は5100万円の営業利益)だった。

同社では、アニメ・映像パッケージ作品の販売数が減ったことや、イベントが減少したことを主な要因と説明している。ノンパッケージの売上高は同51.1%減の11億2800万円、パッケージが同30.9%減の7億3600万円となった。

ただし、売上が半減となったにもかかわらず、営業損失がわずか1000万円にとどまった点も注目できる。売上原価のほか、販促宣伝費や一般経費を削減したことが奏功したようだ。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エイベックス20年4-6月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事