20年4-6月決算、インフォコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > インフォコム、早くも21年3月通期の業績予想を上方修正 「め...

インフォコム、早くも21年3月通期の業績予想を上方修正 「めちゃコミ」好調、ITサービスもコロナの影響が想定より小さい

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
インフォコム<4348>は、この日(7月31日)、第1四半期の決算を発表するとともに、2021年3月通期の業績予想を早くも上方修正した。売上高を670億円から690億円、営業利益を87億円から101億円(経常利益も同額)、最終利益を57億円から66億円にそれぞれ引き上げた。

同社では、ネットビジネス・セグメントの電子コミック配信サービス「めちゃコミック」が好調に推移することに加え、IT サービス・セグメントにおける新型コロナウイルス感染症の影響が当初の想定に比べ小さい見通しとなるため、と説明している。

 


同時に発表した第1四半期の決算は、売上高155億8900万円(前年同期比22.9%増)、営業利益20億9100万円(同68.6%増)、経常利益21億2600万円(同67.6%増)、最終利益14億4100万円(同67.7%増)と大幅増益となった。

セグメント別の状況は以下のとおり。

① ネットビジネス・セグメント
第1四半期連結累計期間のネットビジネス・セグメントは、売上高は106億0300万円(同35.5%増)、営業利益は19億3100万円(同80.7%増)となった。

電子コミック配信サービスは、「めちゃコミック」での無料連載・独占先行配信・オリジナルコミック等の拡充やデータ分析・AI活用によるマーケティング強化に加え、外出自粛による需要増もあり、売上高は第1四半期連結累計期間において同サービス開始以来初となる100億円を突破した。


② ITサービス・セグメント
第1四半期連結累計期間のITサービス・セグメントは、売上高は49億8600万円(同2.5%増)、営業利益は1億5700万円(同6.6%減)となった。

新型コロナウイルス感染症の影響は、営業活動にやや支障が生じたものの当初想定に比べ軽微であり、病院向けや企業向け既存案件の販売が計画どおり進捗した。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年4-6月決算インフォコム

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事