ぼくとドラゴン、ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドリコム、『ぼくとドラゴン』と『猫とドラゴン』運用のスタジオ...

ドリコム、『ぼくとドラゴン』と『猫とドラゴン』運用のスタジオレックスが想定の3倍以上の営業利益 内藤氏「運用の連携とノウハウの共有で大きな成果」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ドリコム<3793>の内藤裕紀社長は、この日(7月30日)の決算説明会で、3月からドリコムグループに加わったスタジオレックスが当初の想定を大きく上回る成果をあげていることを明らかにした。第1四半期においては売上高は月次で想定を120~130%上回っており、それが利益につながっており、営業利益も294~394%と当初計画を大きく上回る数字を出しているという。

『ぼくとドラゴン』と『猫とドラゴン』を運用するスタジオレックスがドリコムグループに加わったあと、ドリコムから開発・運用スタッフ10人ほどがスタジオレックスに参加し、グループとの連携やノウハウの共有などを行っていたが、その成果が早くも出たとのことだった。

「一般的にエンタメ業界のM&Aの難易度が高いといわれる。それは人にノウハウが依存するためだが、順調に進んでいる」と内藤氏は述べ、本日発表したノックノートの開発チームのジョインについても期待と自信を示した(関連記事)。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドリコムぼくとドラゴン猫とドラゴン

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事