★スマホesports★戦の時間だバカ野郎!、ヤルキマントッキーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【連載】★スマホesports★戦の時間だバカ野郎! 第41...

【連載】★スマホesports★戦の時間だバカ野郎! 第41戦「プロゲーマーってどうやってなるの?」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


お疲れ様です。板垣です。いつもお世話になっております。

さてさて。

最近、eスポーツ的なことがトレンドっぽい感じになってきたこともあり、出会う人から都度都度、興味本位で聞かれることが増えてきました。

例えばこんな感じです。
「プロゲーマーって何なの?ゲームしてお金稼ぐってどういうこと?そういうのってどうやったらなれるの??賞金稼ぎ?ユーチューバーとかそっち系?」

野球やサッカーだと、

『高校や大学で活躍して、スカウトされてプロデビュー』
『プロチームの下部組織に入って、成長して認められたらプロデビュー』

というような「プロへの道筋」が公開されているので、誰でもイメージできます。

そんな中、プロゲーマーと言われるだけだと確かにイメージしづらいよなぁと。3年半くらい前に同じ題材で記事を書いたことがありますが、あれから時代も変わりました。

改めて、そもそもプロゲーマーって何なんだろうな?とも思い直したので、なんとなく、その辺りをメモしておこうかなと。


 
●プロゲーマーとは?●

そもそも、どういった人がプロゲーマーなのでしょうか?

賛否両論あるとは思いますが、少なくとも下記の両方を網羅していたらプロゲーマーと呼べると思います。

『特定のゲームをすることで対価を得ており、その人の収入源の中でそれなりの割合を占めている』
『国内国外のゲームの大会やリーグで活躍している(していた)』

この辺り、バランスが難しい所だろうなと。ゲームをしてたとしても、対価を得られる可能性がないとなると、それは趣味の範囲ということになるでしょう。

逆に対価を得ていたとしても、大会的なモノに一度も出たことがない人が、「流行りのゲームをやってみました!」系の動画をアップして対価を得ようという方向性だと、どちらかというとゲーム配信者に近い気もします。


 
●対価を得る為の手段は?●

さて、「ゲームをして対価を得る」と言いましたが、どうやって得るのでしょうか?

その手段は多岐に渡ります。

例えば…

『大会で上位入賞して得た賞金』
『スポンサー企業からのスポンサー料』
『イベント出演など、企業からの仕事受注』
『自身でゲーム配信をした際の広告収入』
『ゲーム配信の投げ銭やファンクラブの収入』
『プロチームに所属した際の給料や契約料』
『ファン向けへのグッズの制作や販売』

などでしょうか。

なので、toBでもtoCでも、両方の観点から色々と存在するんだろうなと。

各プロのスタイルとしても、ゲーム配信を伸ばすことを優先するプロもいれば、試合で実績を残して給料やスポンサー料アップを目指すプロなど、様々です。その方向性は、関わっているゲームによって変わってくるような印象ですね。




 
●大会やリーグで活躍するってどういうこと?●

これは本当にゲームによって、そして国内外によって、色んなパターンあるなと。

例えば、ゲーム作ってる側が公式リーグを開催し、上手なプレイヤーをプロゲーマーとして招いて運営していくようなタイプの、企業側が中心となってゲームのPRとして進めているモノ。そこで活躍する方向性ですね。

一方で、そのゲームのファンが任意で大会を開催して、それがだんだんと公式化していくようなパターンもあります。その公式化に合わせて活躍してた人がプロゲーマー化していく方向性。

それらに参加して、そのゲーム内コミュニティにおいて、プレイヤーとして認められていくと、「そのゲームで活躍している」と言えるのでは?と思いますね。

種類は様々で、テニスやゴルフのように、ワールドツアーという形で、年間を通して任意の大会に自分でエントリーして、年間ランキングを競い合うようなタイプもありますし、そもそもの大会自体の数が少なく、活躍の場は自身の配信ベースになるようなゲームも存在します。

いずれにせよ、それぞれのゲームにあった活躍の仕方があり、コミュニティ内で認められていく流れもゲームによって色々存在しているイメージです。


 
●ちなみに、他のプロスポーツとの違い●

野球などの、すでにプロ組織や需要が成立している場合だと、「プロになれればとりあえず年俸が貰えるぜ、試合で活躍出来れば年俸も上がっていくぜ!」という感じですよね。
なので、プロになる前も、なった後も、「どうやったらもっと上達するか?」だけを考えれば良いわけです。

非常にシンプルで分かりやすい。(セカンドキャリアとかの話はありますが)

プロゲーマーの場合は、今はまだ、基本として「ゲームが上手くなること以外も考えながら活動する必要がある」というのが、違いとしてはあるのかなと(ただ、この辺りは、大規模なプロスポーツ以外は同じ形な気はします)。


 
●じゃぁ結局、プロゲーマーってどうやってなるのさ?●

まず、プロになりたいゲームに出会ったとして、具体的な行動としては、

『ゲーム内で結果を残しつつ、大会に出たり、そのゲームの配信などをやってみる』
『声を掛けられるのを待ちつつも、気になるプロチームや企業、その関係者に「自分、プロになりたいッス」と連絡してみる』

まぁ、この2つを愚直にやるような感じなのかなと。

この流れをキッカケとして、道が開けて行くようなイメージは沸きます。

個人でスポンサーを取りに行くなど、他にも手段はあると思いますが、上記が現在のスタンダードなのかなと。

ただ、野球やサッカーなどと違い「確固たるプロへの道筋」は存在していないのが現状だと思います(ゲームによっては存在しているモノもあります)。

ちなみに、ゲーム毎によってプロ市場の大きさが違う、という現実もあるので「どのゲームでプロゲーマーになるか?」という話も、大事な別軸として存在します(この辺りは、チャンスがあれば別の機会にでも書いてみます)。


 
●プロライセンス制度もあります●

あと、JESUという組織が発行している「プロライセンス」というモノもあります。すべてのゲームに対応しているわけではありませんが、今まで書いたこととは別軸で、所持者はプロと言えるという考え方はあるのかなと思います。

https://jesu.or.jp/contents/license_system/


 
●というわけで●

ザックリですが、フンワリそんな感じかなと。他にも、MTGとかで質問されたこととか、ちょいちょい共有して行こうかなと思います。

それではまた!

 

▼TEAM iXA公式ショップ▼


↓板垣のアカウント↓(ご自由にご登録ください、そして何かありましたらお気軽にご連絡ください)
https://www.facebook.com/onsionsi
https://twitter.com/onsionsi0916

 

【過去記事アーカイブ】

特別戦「【みんなで対戦!25パズル】というゲームをリリースしました」
第40戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ⑤『じゃじい』」
第39戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ④『剛田』」
第38戦「『ポイッターズポイント』というゲームを知っていますか?」
第37戦「アフターコロナの世界(TEAM iXA 選手紹介シリーズ③『稲葉』)」
第36戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ②『Gunfight』」
第35戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ①『ストーム久保』」
第34戦「新型コロナウイルスとesports」
​第33戦「他スポーツから学ぶesportsの今後」
​第32戦「配信外で起きていたドラマの話」
第31戦「【Gunfight】選手の参戦!」
第30戦「新スポンサー【Lenovo】様!!」
第29戦「HADOのプロリーグと、BBTAGに参戦します!」
第28戦「新スポンサー【3R】様!!」
第27戦「esportsとシニア世代と今後の話」
第26戦「TEAM iXAを発足したぞ!」
第25戦「ももち選手が賞金を満額もらえなかったのはなぜなのか?」
​第24戦「オッサンから見た、クラロワリーグの話」
第23戦「日本と韓国とesportsと!」
第22戦「EVO2018に行ってきたよ!」
第21戦「ファイトクラブで体験した、人間模様とドラマ」
第20戦「クラロワリーグに参戦するぞー!」
第19戦「ゲームのプロライセンスに関して」
第18戦「CanadaCup2017を通して、思ったこと」
第17戦「東京ゲームショウ2017に行って思ったこと」
第16戦「プロゲーマーのセカンドキャリアに関して」
第15戦「フランスのESWCに参加してきた!」
第14戦「社内でガチの大会やってみたら、どうなるか?」
第13戦「esportsの、本質的な価値って何だろう」
第12戦「プロゲーマーに関して」
第11戦「闘会議2017に行ってきた」
第10戦「e-sportsの賞金大会に関する謎!!」
第9戦「G-Starに行ってきた。~韓国はe-sports先進国~」
第8戦「Nintendo Switchが賛否両論な件」
第7戦「今更だけど、東京ゲームショウに行った時の話」
第6戦「テクノスポーツを体験してきました!」
第5戦「e-sports大会のRAGEに行ってきた!」
第4戦「ポケモンGOをe-sports化したらどうなる?」
第3戦「ゲーム内に大会機能を同梱するのは、e-sports化の近道??」
第2戦「『にゃんこ大戦争』を、もしe-sports化しようとしたら、どうなる??」
第1戦「『クラッシュ・ロワイヤル』はe-sportsタイトルとなりえるのか?」


 
●著者紹介

 


著者
板垣護
ヤルキマントッキーズ株式会社、CEO。プロゲーミングチームTEAM iXAオーナー。Facebookグループesports勉強会管理人。
最近の一言
「別途、何か質問などありましたらお気軽にご連絡ください」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ヤルキマントッキーズ★スマホesports★戦の時間だバカ野郎!

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事