20年4-6月決算、ベクターに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ベクター、第1四半期は減収・赤字転落も計画上回る 在宅勤務用...

ベクター、第1四半期は減収・赤字転落も計画上回る 在宅勤務用PCで使用するソフトの需要が増加

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ベクター<2656>の2021年3月期の第1四半期(4~6月)決算は、営業収益2億0700万円(前年同期比26.9%減)、営業損失1500万円(前年同期は2500万円の営業利益)、経常損失1100万円(2500万円の経常利益)、最終損失1200万円(同2700万円の最終利益)と減収・赤字転落となった。

 


ソフトウェア販売事業がコロナウィルスの影響により在宅勤務者が増加し、在宅勤務用のパソコンで使用するソフトの需要が一時的に高まったことで、期初に計画した業績を上回る結果となった。

同社によると、売上高1億8500万円、営業損失2000万円、経常損失2000万円、最終損失2000万円を見込んでおり、それぞれ計画を上回って着地したことが確認できるだろう。

 


また、ソフトウェア販売事業以外の事業については、コロナウィルスによる影響を受けず、計画通りの進捗だったとのこと。


 
■9月中間期は4500万円の営業損失となる見通し

2021年3月通期の業績予想は非開示。9月中間期の見通しのみ開示しており、営業収益3億7500万円(前年同期比25.9%減)、営業損失4500万円、経常損失4200万円、最終損失4200万円を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ベクター20年4-6月決算

企業情報(株式会社ベクター)

会社名 株式会社ベクター
URL http://ir.vector.co.jp/
設立 1989年2月
代表者 梶並 伸博
決算期 3月
直近業績 営業収益17億9700万円、営業損益3100万円の赤字、経常損益2000万円の赤字、最終損益2900万円の赤字(15年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 2656

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事