エディアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(7/15)】1Q決算で赤字幅が大幅縮小のエデ...

【ゲーム株概況(7/15)】1Q決算で赤字幅が大幅縮小のエディアが後場に入って大幅高 決算通過のケイブは反落 前期大幅減益のUUUMは大幅続落

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
7月15日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比358.49円高の2万2945.50円で取引を終えた。米バイオ製薬のモデルナが新型コロナウイルスのワクチン治験で、45人の被験者全員に抗体が確認されたと発表したことを受け、朝方から買いが先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、前場引け後に発表した第1四半期決算で赤字幅が大幅に縮小したエディア<3935>が後場に入って大幅高したほか、ブロッコリー<2706>やオルトプラス<3672>、マーベラス<7844>などが買われた。

また、周辺株では、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアイテム(NFT)の取引所「miime(ミーム)」において円決済機能を提供を開始すると発表したメタップス<6172>が商いを伴って大幅反発した。

半面、決算を通過したケイブ<3760>は反落し、enish<3667>やボルテージ<3639>、ネクソン<3659>などはさえない。

新型コロナによる市況悪化とイベント自粛、動画クリエーターへの戦略投資などによって2020年5月期の決算が20.3%の営業減益となったUUUM<3990>は大幅続落した。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エディア

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事