グラビティゲームアライズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > グラビティゲームアライズ、19年12月期の最終損益は133万...

グラビティゲームアライズ、19年12月期の最終損益は133万円の赤字…『ゆめいろファンタジーラテール』や『セイクリッドブレイド』を運営

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国Gravityの日本法人であるグラビティゲームアライズの2019年12月期(第1期)の最終損益は、133万1000円の赤字となった。

同社は、オンラインゲームのパブリッシング事業などを展開している。2019年10月より『ゆめいろファンタジーラテール』の運営を行っているほか、今年5月からは『セイクリッドブレイド』のサービスを開始した。


【関連記事】
ガンホーグループのグラヴィティエンタテインメントが解散 グラビティゲームアライズがMMOパブリッシング事業とその他事業を引き継いで展開

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( グラビティゲームアライズ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事