20年1-3月決算、コナミデジタルエンタテインメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コナミデジタルエンタテインメント、2020年3月期の最終利益...

コナミデジタルエンタテインメント、2020年3月期の最終利益は2.1%減の215億円

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)の2020年3月期(第15期)の最終利益は、前の期比2.1%減の215億2800万円だったことがわかった。前の期(2019年3月期)の実績は219億9800万円だった。本日(5月29日)付の『官報』に掲載された決算公告で判明した。

同社は、家庭用ゲームソフト大手で、コナミホールディングスの中核企業。家庭用ゲームソフトからソーシャルゲーム、スマートフォンアプリ、トレーディングカードゲームまで幅広く手がけている。

 


最終利益は微減となったが、自社物件の新拠点「コナミクリエイティブセンター銀座」への移転に伴い、移転前賃借物件の2021年3月期までの退去後家賃等を一時費用として計上したことが影響したものと見られる。

事業の概況は以下のとおり(コナミホールディングスの決算からの再掲)。

モバイルゲーム『プロ野球スピリッツA(エース)』や『eFootball ウイニングイレブン 2020』(海外名『eFootball PES 2020』)、『遊戯王 デュエルリンクス』などが引き続き好調に推移した。カードゲームでは「遊☆戯☆王」シリーズの新たなラインアップとなる「遊戯王ラッシュデュエル」の発売に向け認知を広げるための各種施策を実施した。

家庭用ゲームでは「PCエンジン mini」 のほか『遊戯王デュエルモンスターズ レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション』をPS4、Xbox One、Steam向けに発売した。

eスポーツの取り組みとしては一般社団法人日本野球機構(NPB)と共催する「eBASEBALL プロリーグ」のeクライマックスシリーズ・e日本シリーズを開催したほか、「ウイニングイレブン」シリーズのeスポーツ公式大会「eFootball League 2019-20シーズン」には欧州の実際のクラブに所属するプロ選手らが参加した。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コナミデジタルエンタテインメントコナミホールディングス20年1-3月決算

企業情報(コナミホールディングス株式会社)

会社名 コナミホールディングス株式会社
URL http://www.konami.com/
設立 1973年3月
代表者 代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期 3月
直近業績 売上高及び営業収益2628億円、営業利益309億円、最終利益198億円(2020年3月期の実績)
上場区分 東証1部(ロンドンの取引所にも上場)
証券コード 9766

企業情報(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)

会社名 株式会社コナミデジタルエンタテインメント
URL https://www.konami.com/games/corporate/ja/
設立 2006年3月
代表者 早川英樹
決算期 3月
直近業績 当期純利益162億5000万円(2017年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事