20年1-3月決算、サンライズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アニメ制作大手のサンライズ、20年3月期の最終利益は73.5...

アニメ制作大手のサンライズ、20年3月期の最終利益は73.5%増の48億円 ブシロードとKLabと共同で『スクスタ』をリリース

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
バンダイナムコグループの大手アニメ制作会社であるサンライズの2020年3月期(第44期)の決算は、最終利益が前の期比で73.5%増の48億4800万円だったことがわかった。前の期(2019年3月期)の実績は27億9300万円だった。

同社は、バンダイナムコホールディングスのIPクリエイションユニットの主要企業の一つとして、アニメーションの企画・制作および著作権・版権の管理・運用を行っている。

ゲームアプリの開発・運営にも参画しており、この期は、ブシロード<7803>とKLab<3656>と共同で『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)』の配信を開始した。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年1-3月決算サンライズ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事