★スマホesports★戦の時間だバカ野郎!、ヤルキマントッキーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【連載】★スマホesports★戦の時間だバカ野郎! 第39...

【連載】★スマホesports★戦の時間だバカ野郎! 第39戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ④『剛田』」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
お世話になっております。
 
板垣です。
 
以前、オフラインの大会開催が中止だったり延期になるケースが増えてきた、という話をしたと思いますが、その流れで最近はオンラインの大会が増えました。
 
さらに、オンライン大会開催をアシストするようなビジネスも生まれて来ております。良い傾向ですね。
 
我々も、先日の5/23、5/24に、チームとしてオンライン大会を主催してみました。24日のモノは賞金付き大会です。
 
 
今後も、定期的に開催していく予定なので、是非是非よろしくお願いします。(誰かコラボしましょう!)
 
 
 
 
●格闘ゲームにも色々ある●
 
我々の所属選手のタイトルでもありますが「ストリートファイター」シリーズは知名度高いですね。
 
誰もがなんとなく「一度は見た事ある」ゲームだと思います。
 
そんな中、実は、格闘ゲームには他にもたくさんタイトルがある事をご存じでしょうか?
 
最近だと、有名なソーシャルゲームの「グランブルーファンタジー」の格闘ゲームも発売されました。
 
他にも、国民的マンガ&アニメ「ドラゴンボール」の格闘ゲームなんかもあったりします。
 
「スマッシュブラザーズ」というシリーズで、主に任天堂社の様々なキャラクターが戦うモノもあります。かなり有名です。
 
アニメっぽい絵の格闘ゲームという方向性でいうと、グランブルーと名前が似てますが「ブレイブルー」というシリーズの格闘ゲームがあります。
 
 
さてさて今回も選手紹介をやっていくわけですが、今回は上記のブレイブルーシリーズのプロ選手を紹介したいなと思います。
 
この選手です! 
 
 
 
 
 
●TEAM iXA  選手紹介シリーズ④『剛田』●
 
選手名は「剛田」と言います。
 
稲葉選手の時にも書きましたが、例によって、剛田という選手名は本名とは一切関係ありません。苗字のような選手名なので紛らわしいですな。(プロゲーマーは本名じゃない人がめちゃめちゃ多い)
 
そんな彼は、2018年ワールドツアーの公式日本大会で覇者となりました。
 
なぜ「ブレイブルー」シリーズに力を入れているのか?など、本人の思いなども語られております。
 
今回も二章で構成されているので、良かったらどうぞ!
 
【① 学生編】
 
【② 上京編】
 
 
▼剛田のSNS▼
[Twitter]
 
[Mildom]
https://www.mildom.com/profile/10005394



▼TEAM iXA(公式HPリニューアルしました)▼

https://ixa.yarukiman.com/

↓板垣のアカウント↓(ご自由にご登録ください、そして何かありましたらお気軽にご連絡ください)
https://www.facebook.com/onsionsi
https://twitter.com/onsionsi0916

 

【過去記事アーカイブ】

第38戦「『ポイッターズポイント』というゲームを知っていますか?」
第37戦「アフターコロナの世界(TEAM iXA 選手紹介シリーズ③『稲葉』)」
第36戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ②『Gunfight』」
第35戦「TEAM iXA 選手紹介シリーズ①『ストーム久保』」
第34戦「新型コロナウイルスとesports」
​第33戦「他スポーツから学ぶesportsの今後」
​第32戦「配信外で起きていたドラマの話」
第31戦「【Gunfight】選手の参戦!」
第30戦「新スポンサー【Lenovo】様!!」
第29戦「HADOのプロリーグと、BBTAGに参戦します!」
第28戦「新スポンサー【3R】様!!」
第27戦「esportsとシニア世代と今後の話」
第26戦「TEAM iXAを発足したぞ!」
第25戦「ももち選手が賞金を満額もらえなかったのはなぜなのか?」
​第24戦「オッサンから見た、クラロワリーグの話」
第23戦「日本と韓国とesportsと!」
第22戦「EVO2018に行ってきたよ!」
第21戦「ファイトクラブで体験した、人間模様とドラマ」
第20戦「クラロワリーグに参戦するぞー!」
第19戦「ゲームのプロライセンスに関して」
第18戦「CanadaCup2017を通して、思ったこと」
第17戦「東京ゲームショウ2017に行って思ったこと」
第16戦「プロゲーマーのセカンドキャリアに関して」
第15戦「フランスのESWCに参加してきた!」
第14戦「社内でガチの大会やってみたら、どうなるか?」
第13戦「esportsの、本質的な価値って何だろう」
第12戦「プロゲーマーに関して」
第11戦「闘会議2017に行ってきた」
第10戦「e-sportsの賞金大会に関する謎!!」
第9戦「G-Starに行ってきた。~韓国はe-sports先進国~」
第8戦「Nintendo Switchが賛否両論な件」
第7戦「今更だけど、東京ゲームショウに行った時の話」
第6戦「テクノスポーツを体験してきました!」
第5戦「e-sports大会のRAGEに行ってきた!」
第4戦「ポケモンGOをe-sports化したらどうなる?」
第3戦「ゲーム内に大会機能を同梱するのは、e-sports化の近道??」
第2戦「『にゃんこ大戦争』を、もしe-sports化しようとしたら、どうなる??」
第1戦「『クラッシュ・ロワイヤル』はe-sportsタイトルとなりえるのか?」


 
●著者紹介

 


著者
板垣護
ヤルキマントッキーズ株式会社、CEO。プロゲーミングチームTEAM iXAオーナー。Facebookグループesports勉強会管理人。

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ★スマホesports★戦の時間だバカ野郎!ヤルキマントッキーズ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事