20年1-3月決算、カプコンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 大手ゲーム6社、20年3月期決算は6社中4社が増益 セガサミ...

大手ゲーム6社、20年3月期決算は6社中4社が増益 セガサミー復調、カプコンとコーエーテクモ最高益 バンナムは10年間で4.8倍の規模に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ
家庭用ゲームソフト大手6社の2020年3月通期の決算が出揃った。本業の儲けを示す営業利益が前の期に比べてプラスとなったのは、6社中4社だった。カプコン<9697>やコーエーテクモホールディングス<3635>、セガサミーホールディングス<6460>、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>が増益となった一方で、バンダイナムコホールディングス<7832>、コナミホールディングス<9766>が減益となった(以下、社名は略称とする)。

各社の収益状況は以下のとおり。

 


増益組をみていくと、最も目立ったのは、セガサミーHDだ。オンライン・スマホゲームが黒字転換したほか、パチスロ遊技機の販売が伸び、営業利益は111%増となった。大型のパッケージゲームとIP許諾によるロイヤリティ収入が大きく伸長したコーエーテクモHDと、アミューズメント機器が黒字転換したカプコンが最高益を更新した。スクエニHDはスマホゲームとMMOゲーム、「マンガUP!」を中心とする出版事業が好調だった。

減益組をみると、バンナムHDは主力の玩具が好調だったものの、もう一つの柱であるゲーム、そして映像音楽、アミューズメントが苦戦し、減益での着地となった。コナミHDは、拠点の移転費用が発生したことに加え、スポーツ事業での減損と先行投資などが重荷となり、大幅な減益となった。


 
過去10年の振り返り

今回、6社の過去10年の振り返りも行ってみよう。2011年3月期以来の各社の営業利益の推移を示したのが以下のグラフだ。目につくのは、バンナムHDの成長ぶりだろう。2011年3月期の時点で、163億円の営業利益だったが、2020年3月期は4.8倍に拡大した。高い成長を達成し、他の5社を大きく引き離した。

高い成長を見せたのは、スクエニHDとコーエーテクモHDで、スクエニHDは73億円から327億円と4.5倍、コーエーテクモHDも33億円から141億円と4.3倍と大きく伸びた。カプコンも142億円から228億円と1.6倍、コナミHD207億円から309億円と1.5倍となった(※コナミHDは会計基準が変わっている)。

唯一、落ち込みが目立つのはセガサミーHDだ。10年前の営業利益は687億円とあり、他社を大きく引き離す水準だったが、その後、遊技機に対する規制の影響などもあって、営業利益を落とした。ただし、直近では持ち直しの動きを見せている。

もう一つ大きな特徴として、カプコンとコーエーテクモの安定性も見逃せない。コンテンツ業界の企業に見られる、ヒットタイトルの有無によって、業績が大きく上下に変動するといったことはなく、安定的に推移していることが確認できるだろう。

 


 
各社の状況

■コーエーテクモホールディングス<3635>
売上高426億円(前の期比9.4%増)、営業利益141億円(同16.6%増)だった。ゲーム事業が牽引した。IPを許諾したスマートフォンゲーム 『三国志・?略版』が好調に推移したほか、『無双OROCHI3 Ultimate』や『仁王2』などを発売した。『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』のリピート販売が伸長した。アミューズメントと不動産は振るわなかった。

【関連記事
IP創造からモバイル展開まで重層的な収益構造を生んだコーエーテクモHD 2020年3月期は最高業績を達成 中長期目線の取り組みも光る
コーエーテクモHD、20年3月期は売上・利益とも経営統合以来の最高業績…大型パッケージゲームとIP許諾したスマホゲームのロイヤリティが貢献
コーエーテクモHD、モバイルゲームの4Q売上高は52億円と過去最高…『三国志・战略版』の大ヒットを受けてロイヤリティ収益拡大
コーエーテクモゲームス「midas」ブランド、『星のドラゴンクエスト』の海外版『DRAGON QUESTOF THE STARS』の開発・運営を担当


■セガサミーホールディングス<6460>
売上高3665億円(前の期比10.5%増)、営業利益276億円(同2.1倍)だった。「パチスロ北斗の拳 天昇」などを販売し、パチスロ機器の販売台数は倍増。また家庭用ゲームが減益だったが、オンラインゲームが黒字転換。『PSO2』と『北斗の拳LEGENDS ReVIVE』『D×2 真・女神転生リベレーション』など堅調だったことに加え、タイトル譲渡に伴う一時収益の計上、前の期の減損処理に伴う費用減が主な要因だった。

【関連記事】
セガサミーHD、20年3月期の営業益は2.1倍の276億円と大幅増益を達成 パチスロ遊技機とデジタルゲーム分野がけん引
セガのオンライン・スマホゲーム、20年3月期は営業益98億円と黒字転換 5四半期連続黒字を達成 『PSO2』けん引、『北斗リバイブ』や『D2メガテン』好調
セガのパッケージゲーム、20年3月期の営業益は41%減の48億円と大幅減 新作販売が大幅増も高採算のリピート販売が低下
セガサミーHD、20年3月期のアミューズメント機器は23億円の営業赤字 期末に評価減 プライズ堅調もビデオゲーム苦戦
セガサミーHD、20年3月期の映像・玩具事業は増収増益 「探偵コナン 紺青の拳」や「ルパン三世 THE FIRST」など
セガサミーHD、新型コロナウイルスの影響を発表…セガのゲーム開発や運営で遅延、DL販売伸長も


■バンダイナムコホールディングス<7832>
売上高7239億8900万円(前の期比1.1%減)、営業利益757億7500万円(同6.3%減)だった。国内外の大人層に向けた商品が人気だったトイホビー事業が好調だったが、ゲームと映像音楽、アミューズメントが軒並み苦戦した。スマホゲームは、「DRAGON BALL」シリーズや「ワンピース」、国内の「アイドルマスター」シリーズなど主力が安定的に推移した。四半期別の売上を見ると、3年ほど500億円前後で安定した推移となっている。

【関連記事】
バンナムHD、20年3月期の営業益は6.3%減の787億円 ゲームと映像音楽、AM事業が苦戦 大人向け好調のトイホビー伸びる
バンナムHD、スマホゲームの第4四半期の売上は6.5%減の551億円 DBやワンピ、アイマスなど主力が安定推移
バンナムHD、1~3月スマホゲーム売上は25%増の524億円 国内『ドッカンバトル』は2月単月で過去最高 新作『ミニ四駆 超速グランプリ』も人気
バンナムHD、家庭用ゲームの20年3月期の売上は3%減の990億円 新作タイトル・販売本数とも減らす
バンナムHD、『ドラゴンボール』関連の20年3月期の売上高は4.5%増の1349億円、1~3月も470億円と過去最高を更新 IP別売上高を開示
バンナムHDの『ドラゴンボール』関連の売上高、20年3月期は「新作映像の展開はなかったが過去最高を更新」


■スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は
売上高2605億円(前の期比4.0%減)、営業利益327億円(同33.0%増)と減収増益だった。家庭用ゲームは前の期に大型タイトルが発売された反動減があったものの、『ロマンシング サガ リ・ユニバース』や『ドラゴンクエストウォーク』などスマホゲームと、『ファイナルファンタジーXIV』と『ドラゴンクエストX』のMMOゲームが好調だった。出版事業も大きく伸びた。「マンガUP!」や電子書籍、紙媒体の販売が大きく成長した。

【関連記事】
スクエニHD、20年3月期は売上高4%減ながら営業益33%増 家庭用ゲーム機向けの苦戦を『ロマサガRS』や『DQウォーク』の好調などでカバー
スクエニHD、20年3月期のスマホ・ブラウザゲーム売上高は1000億円の大台突破 営業利益も大幅増 『DQウォーク』と『ロマサガRS』けん引
スクエニHD、「MMO」売上は48%増の401億円と過去最高を更新 「FFXIV」と「DQX」拡張パッケージ販売と課金会員が大幅増
スクエニHDの出版事業、20年3月期は売上・利益とも過去最高 「マンガUP!」や電子書籍だけでなく紙媒体も好調 見逃せない成長領域に


■カプコン<9697>
売上高815億円(前の期比18.4%減)、営業利益228億円(同25.8%増)と最高益を更新。前の期に26億円の営業赤字だったアミューズメント機器が20億円の黒字と大きく貢献。「新鬼武者 DAWN OF DREAMS」が好調だった。ゲーム事業はダウンロード販売を伸ばしたことで減収だったが、「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のヒットに加え、リピートタイトルで利幅が大きいデジタル販売比率の向上が利益を押し上げた。

【関連記事】
カプコン、20年3月期の営業益は26%増の228億円と過去最高達成 「MHW:アイスボーン」とリピート販売寄与、『MHW』累計販売1500万本超え
カプコン、遊技機事業が販売台数2.7倍と大きく伸び最高益の立役者に ゲームは大型1本もDLとリピートで増益、販売本数2550万本 新型コロナの影響は?
カプコン、20年3月期のモバイルゲームの売上高は91%増の44億円…『モンスターハンター ライダーズ』が貢献
カプコン、20年3月期のDL売上比率は23ポイント上昇の76.8%に 本数ベースでは8割に到達 新型コロナ背景に普及加速


■コナミホールディングス<9766>
売上高2628億円(前の期比0.1%増)、営業利益309億円(同38.7%減)と減益だった。拠点移転に伴い、退去後家賃等を一時費用として計上したほか、スポーツ事業の固定資産の減損損失と新技術の先行投資などで減益となった。モバイルゲームは『プロ野球スピリッツA』や『eFootball ウイニングイレブン 2020』(海外名『eFootball PES 2020』)、『遊戯王 デュエルリンクス』が好調だったという。

【関連記事】
コナミHD、20年3月期は営業益38.7%減…新拠点移転に伴う一時費用を計上 コロナウイルス流行でアミューズメントやスポーツ事業に大きな影響も


 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(コナミホールディングス株式会社)

会社名 コナミホールディングス株式会社
URL http://www.konami.com/
設立 1973年3月
代表者 代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期 3月
直近業績 売上高及び営業収益2628億円、営業利益309億円、最終利益198億円(2020年3月期の実績)
上場区分 東証1部(ロンドンの取引所にも上場)
証券コード 9766

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
URL http://www.square-enix.com/
設立 1975年9月
代表者 松田洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高2605億円、営業利益327億円、経常利益320億円、最終利益213億円(2020年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9684

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3236億円)、営業利益177億円、経常利益145億円、最終利益89億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事