20年1-3月決算、クルーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > クルーズ、20年3月期の営業赤字幅が大幅縮小 物流費削減など...

クルーズ、20年3月期の営業赤字幅が大幅縮小 物流費削減など奏功

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
​クルーズ<2138>の2020年3月期の連結業績は、売上高339億9500万円(前の期比12.3%増)、営業損益9700万円の赤字(前の期は10億0200万円の赤字)、経常損益8500万円の赤字(前の期は9億7200万円の赤字)、最終損益5億5800万円の赤字(前の期は16億3900万円の赤字)となった。

売上高に関しては、新規事業の成長が牽引し、前期比で12.3%の増収となった。主力事業の SHOPLIST 事業は前期比で1.5%の減収となったが、広告代理事業が順調に成長し前期比で198.1%の増収となっている。

利益に関しては、9700万円の営業赤字であるが、前期10億0200万円の営業損益の赤字から大幅に改善された。主な理由として、主力事業のSHOPLIST事業が、物流費の削減を含めた営業利益率の改善施策の結果、前期3億3500万円のセグメント損失から当期3億5900万円のセグメント利益まで大幅に改善されたこと、その他の新規事業でも当初予定していた投資期間を終え、赤字幅が縮小した点をあげた。

最終赤字については、営業損益と経常損益に比べて改善幅が小さいが、これは投資有価証券評価損1億2400万円、事業譲渡損2億4900万円、本社移転費用1億3700万円などを計上したことによる。

なお、ゲーム事業を展開するインターネットコンテンツ事業については、売上高は21億4200万円(同3.1%減)、セグメント利益は1億8200万円(同46.7%減)となった。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年1-3月決算クルーズ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事