20年1-3月決算、バンク・オブ・イノベーション(BOI)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > BOI、3月中間は『ミトラスフィア』減収で営業益大幅減 開発...

BOI、3月中間は『ミトラスフィア』減収で営業益大幅減 開発費先行する"保守的"な方針も影響 新作RPG2タイトルを開発中

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は、4月28日、3月中間期の決算を発表するとともに、決算説明資料を公開した。発表した決算は、売上高16億4900万円(前年同期比で29.8%減)、営業利益6300万円(同82.9%減)、経常利益5700万円(同84.1%減)、最終利益2800万円(同84.1%減)となった。前年同期は単体の数字であるため、あくまで比較は参考だが、売上と利益が大きく低下した。
 


売上高を見ていくと、主力のスマートフォンゲームの売上が低下した。『ミトラスフィア』が同46.1%減の5億8000万円と大きく落ち込んだことが主な要因だ。他方、『クリプトラクト』については同10.6%減の10億5000万円にとどまり、全体の収益を支えている。
 
 
▲累計売上高や開発費も掲載されているなど、開示されている情報が多い。


営業利益は、82.9%減と大きく落ち込んだが、売上の低下に加えて、同社の"保守的"な方針の影響もある。新作ゲーム1タイトルと、新規サービス2本について試作から本開発フェーズに入っており、それらの開発費として、2億1500万円を先行して売上原価に計上を行したという。仮に開発費を資産計上していた場合、利益はここまで低くなることはなかったはずだ。
 


このほか、コスト削減にも取り組んだ。従業員の増加に伴い人件費は増えたものの、サーバー費用を33.2%減らして4300万円に、広告宣伝費を49.1%減らして1億9200万円にするなど効率化も行ったが、減収に伴い売上総利益の低下はカバーできなかった。
 


なお、気になる新作ゲームについては、自社IPで自社開発のタイトル2本を開発しており、そのうち1本は本開発に入った。新作は、あくまで「品質優先」だ。配信期限を設けてそれを優先すると、品質を下げてしまい、結果として、期待に満たない結果となってしまう。新作については、いまのところ、オリジナルタイトルでRPGであることのみ明かされている。追加の情報を期待したい。
 
 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンク・オブ・イノベーション(BOI)20年1-3月決算

企業情報(株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI))

会社名 株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
URL http://www.boi.jp/
設立 2006年1月
代表者 樋口智裕
決算期
直近業績 売上高50億5200万円、営業利益5億2700万円、経常利益5億900万円、最終利益3億6300万円(2018年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事