20年1-3月決算、ディー・エル・イー(DLE)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > DLE、20年3月期通期予想が昨年12月に続き再び下方修正に...

DLE、20年3月期通期予想が昨年12月に続き再び下方修正に 仕掛品評価損1.2億円が発生 新型コロナウイルスによるプロモ延期の影響も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ディー・エル・イー<3686>は、3月25日、2020年3月期通期の連結業績予想の下方修正を発表、売上高は前回予想6億7900万円から6億円(増減率11.6%減)となり、営業損益は同3億6600万円の赤字から4億3400万円の赤字、経常損益は同3億6600万円の赤字から4億3400万円の赤字、最終損益は同3億6400万円の赤字から4億3000万円の赤字といずれも昨年12月発表の修正予想からさらに下ブレする見通しとなった。

修正の理由は、IPクリエイション領域において、仕掛品評価損1億2700万円が発生したことや、作品の一部が公開の延期に伴い納品が翌期にずれ込んだこと。また、ソーシャルコミュニケーション領域において、新型コロナウイルス感染症の影響により、クライアントのプロモーション施策が中止・縮小・延期となったことも影響した。

一方で、ゲーム関連では、同社が関係先と共同開発し、2020年1月に配信を開始した新作ゲームの利用者数および課金収入が想定を上回っており、900万円の増収要因になったとしている。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年1-3月決算ディー・エル・イー(DLE)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事