バンドリ!ガールズバンドパーティ!(ガルパ)、ブシロード、ADに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【Sp!cemartゲームアプリ調査隊】周年施策から辿る『バ...

【Sp!cemartゲームアプリ調査隊】周年施策から辿る『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』大ヒットの背景。1・2・3周年でなにが起こったのか

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ

スマートフォンゲームの日々の運用とその効果をリサーチし、ゲーム関連企業へマーケティングデータを提供するSp!cemart(スパイスマート)。ゲームアプリの運用情報をいつでもウォッチできる「Sp!cemartカレンダー」や、毎月発行しているレポートを提供している。
 

なかでもカレンダーは、セールスランキング上位のモバイルオンラインゲームのゲームシステム・運用施策をダッシュボード形式のWEBツールとして提供。ゲーム内プロモーション施策の効果測定やセールスランキングと運用効果の相関関係を時系列で分析できる。
 

Sp!cemart
カレンダー・レポート
お問い合わせ


本連載記事ではSp!cemart協力のもと、カレンダー機能を用いた、ランキング上位タイトルの直近のゲーム内施策を分析。今回はCraft Eggが手掛けるリズムゲーム『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』の施策をピックアップする。
   
(以下、Sp!cemartゲームアプリ調査隊より) 
 

■周年施策から辿る『ガルパ』大ヒットの背景



  
■『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』
提供:Craft Egg
リリース日:2017年3月16日

 
2020年3月16日(月)でリリースから3周年を迎えた『バンドリ! ガールズバンドパーティ!(以下、ガルパ)』は、今やスマートデバイス向けリズムゲームの代表作のひとつとして数えられています。直近の3周年施策も功を奏し、無料ダウンロード及びセールスランキングでも上位にランクインしました。
 
そもそも『ガルパ』は、キャラクターとリアルライブがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクト「BanG Dream!(バンドリ!)」の世界観を軸にした、リズム&アドベンチャーゲームです。簡単操作のリズムゲームは最大5人同時に遊ぶことができ、アニメ・ライブでおなじみの楽曲や有名アニメソングのカバー曲を楽しめるのが特徴。また、ストーリーシーンではハイクオリティなLive2Dを搭載し、キャラクターが生き生きと動きます。
 
 
「バンドリ!」は、ブシロード社が展開するメディアミックス作品として、原作漫画を皮切りに、TVアニメや音楽CD、ライブなど、多岐に渡りさまざまなコンテンツを発表してきました。ブシロード社が2019年7月期決算説明資料で発表したIPランキングでは、「バンドリ!」IPの売上高は100億円まであと一歩とし、「新日本プロレス」や「カードファイト‼ ヴァンガード」を上回る第1位を記録。
 
そんなIPの魅力を最大限に押し上げたのは、ゲーム版『ガルパ』の存在も欠かせません。なかでも開発を担当したCraft Eggでは、ゲーム内で独自の世界観や物語を積極的に手掛けていき、IPの裾野を拡充していきました。IPタイトルにもなると、なかなか開発側主導で事を進めるのは難しいところ、Craft Eggとブシロードの両社間による円滑な体制により、それらを実現し、『ガルパ』を大ヒットアプリまでに成長させたのです。
 
リリースからこれまで、隙の無い怒涛の施策を展開してきたと思いますが、やはりターニングポイントになるのは周年ではないでしょうか。これは『ガルパ』に限らず、数多くのオンラインゲームに該当するものだと思います。周年施策は、企業側の予算確保のタイミング、大規模プロモーションで新規・休眠復帰の流入、ロイヤルユーザーに向けて日頃の感謝を込めた施策を展開し、LTV(Life Time Value - 顧客生涯価値)向上につなげるなど、今後の事業動向を左右する重要なタイミングです。
 
そこで今回は、過去のランキング推移とゲーム内施策を一覧で閲覧できる「Sp!cemartカレンダー」を用いて『ガルパ』の3周年施策を調査し、ロングセラーの背景を分析していきます。
 
まずは、これまでの周年施策を振り返っていきます。 
 

■1周年と2周年で施策等はどう変わったのか

 
『ガルパ』1周年【調査期間:2018年3月1日~3月23日】

▲Sp!cemartカレンダーより(画面上部はストアのランキング推移、下部はゲーム内施策を確認できる)
 
【ゲーム内外施策の一部】
■ 合計11,111名に当たる1周年記念プレゼントキャンペーン
■ 最大3300スターをプレゼントする記念ログインボーナス
■ ありがとう1周年!カバー楽曲追加キャンペーン
■ 1周年記念!★4ミラクルチケットセットガチャ など

 
【ゲーム内アップデートの一部】
■「ライブスキン設定機能」の追加
■「対バンライブ」「チャレンジライブ」にイベントライブ背景スキンが登場
■ ライブ開始時及びFULLCOMBO時のボイスを追加
■ 過去のイベント報酬をミッシェルシールで交換可能に
■ ★2メンバーのライブ衣装追加
■ ライブ衣装画面に縦画面モードを追加
■ 新機能「コミック機能」を実装 など

 
1周年のタイミングに実施されたゲーム内外施策、アップデートの一部を紹介しました。当然上記のほかにも1周年に合わせた生放送番組や広告掲出、「AnimeJapan」の出展など、露出施策は目白押しです。
 
ランキング推移を見てみると、1周年施策の開始と同時にセールスランキングで垂直立ち上がりを見せて、3位にランクインしました。寄与したのは「1周年記念!★4ミラクルチケットセットガチャ」です。これは有償スター2500個(5,000円相当)で★3以上メンバーが1人確定の10連に加え、好きな★4メンバー1人を選べる「★4ミラクルチケット×1」がセットになったガチャとなっています。
 
 
有償のため、利用するには課金が必須です。ただ、「好きな★4メンバー1人を選べる」特典はまたとない機会となり、多くのユーザーに訴求した施策となりました。以降の周年も、このガチャ施策をベースにセールスランキングで高い順位を記録しています。
 
※参考【スターのラインナップ】
・スター 有償60個(120円)<単価:2.00円/割引率:0.0%>
・スター有償360個(490円)<単価:1.36円/割引率:32.0%>
・スター有償760個(980円)<単価:1.29円/割引率:35.5%>
・スター有償1350個(1,720円)<単価:1.27円/割引率:36.5%>
・スター有償2650個(3,300円)<単価:1.25円/割引率:37.5%>
・スター有償4050個(4,900円)<単価:1.21円/割引率:39.5%>
・スター有償8400個(10,000円)<単価:1.19円/割引率:40.5%>

 
そのほか、1周年ではゲーム内アップデートも充実していました。今では当たり前のライブスキン設定機能やコミック機能、過去のイベント報酬として登場したメンバーやレアスタンプが交換できるミッシェルシールなどは、このタイミングで実装されました。
 
少し時期はずれますが、1周年施策の1ヵ月後には実写CMの放映も開始。TVCMでは、人気の若手女優である飯豊まりえさんが出演した「飯豊まりえ×残酷な天使のテーゼ篇」を全国(一部地域を除く)で放映。そしてWEB限定CMでは、飯豊まりえさんに加え、HIKAKINさん、フィッシャーズが出演する「飯豊まりえ×フィッシャーズ×世界は恋に落ちている篇」「HIKAKIN×フィッシャーズ×千本桜篇」の2本を配信しました。
 
▲画像は2018年4月20日配信のプレスリリースより
 
大規模プロモーション施策ですが、このタイミングでターゲットの狙いを広めた印象があります。従来のロイヤルユーザーは、すでにTVアニメなど他メディアから「バンドリ!」の世界観に触れている方々がほとんどですが、このCM施策ではIPタイトルを知らないユーザーに向けて発信しているクリエイティブになっています
 
リズムゲームで楽しんでいる実写の姿を見せているほか、同作の特徴であるカバー曲が収録されている旨を強調するなど、キャラクターの登場を控えた内容なのです。1周年を迎えて、さらなる新規ユーザーを獲得するために、純粋にリズムゲームの楽しさを訴求したCMを発信したことがうかがえます。
 
このように1周年のタイミングは、まだまだ新規ユーザーの流入が期待できる時期でもあります。『ガルパ』のように大々的にプロモーション施策を展開するのは難しいですが、少し角度を変えて自社タイトルの分析した際に、ゲームシステムや世界観から全く別のユーザーに訴求できる術はあるのかもしれません
 
『ガルパ』2周年【調査期間:2019年3月1日~3月23日】

▲Sp!cemartカレンダーより(画面上部はストアのランキング推移、下部はゲーム内施策を確認できる)
 
【ゲーム内外施策の一部】
■ 合計22,222名に当たる2周年記念プレゼントキャンペーン
■ ファンイラストを使用した、モザイクアートを公開
■ 最大5750スターをプレゼントする記念ログインボーナス
■ 2周年記念ドリームフェスティバルガチャ
■ 2周年記念!★4ミラクルチケットセットガチャ など

 
【ゲーム内アップデートの一部】
■ シーズン2&メインストーリー2章スタート
■ 新機能「ラウンジ」追加
■ 新機能「ガチャシール機能」追加 など

 
2周年施策では、同作初のセールスランキング1位を記録しました。寄与したのは、「2周年記念ドリームフェスティバルガチャ」と「2周年記念!★4ミラクルチケットセットガチャ」のふたつのガチャ施策でしょう。
 
前者は★4メンバーのレアリティ別提供割合が2倍の6%となり、後者は1周年施策同様に有償スター2500個(5,000円相当)で★3以上メンバーが1人確定の10連に加え、好きな★4メンバー1人を選べる「★4ミラクルチケット×1」がセットになったガチャです。
 
なお、セールスランキング1位に輝いた背景には、前述したガチャ施策が当然関連していますが、1周年後から徐々にユーザー数が増加していることも挙げられます。
 
そして、ゲーム内アップデートでは、さまざまな改修項目もあるなかで、柱となったのはシーズン2&メインストーリー2章のスタートだと思います。シーズン1は「香澄と仲間たちが出会った1年目の物語」となり、シーズン2は「香澄たち5つのバンドが第二回ガールズバンドパーティ開催に向けて奔走」する内容になっています。
 
新機能「ラウンジ」では、次々に交わされる 25 人のメンバーたちの会話を楽しめます。また、「ガチャシール機能」は、対象のガチャからメンバーを獲得した際にガチャシールが獲得できるようになり、獲得したシールが 300 枚に達すると、各シールに対応した交換所内のメンバー1 人、もしくはミッシェルシールと交換できるという、言わばガチャの天井機能が導入されました。
 

▲ラウンジ機能
 
1年目がより良いリズムゲームの改修だとすれば、2年目はキャラクターの新たな一面が知れたり、出会えたりするなど、世界観の魅力を引き上げるアップデートを意識した印象を持ちます。
 
続いて、先日開催された3周年施策について、「Sp!cemartカレンダー」でランキング推移の動向やマネタイズ、ゲーム内外の施策を見ていきましょう。
 

■全メンバー30人を獲得できる無料ガチャ施策

 
『ガルパ』3周年【調査期間:2020年3月1日~3月23日】

▲Sp!cemartカレンダーより(画面上部はストアのランキング推移、下部はゲーム内施策を確認できる)
 
【ゲーム内外施策の一部】
■ 3周年記念プレゼントキャンペーン!~ガルパの思い出を振り返ろう~
■ 最大6000スターをプレゼントする記念ログインボーナス
■ 3周年記念ドリームフェスティバルガチャ
■ 3周年記念!★4ミラクルチケットセットガチャ
■ 2つの無料ガチャ施策 など

 
【ゲーム内アップデートの一部】
■ 新バンド「Morfonica」が登場
■ 新機能「Live2Dモード」追加
■ 新機能「リハーサル機能」追加 など

 
セールスランキングの寄与は、これまでの周年施策同様に★4ミラクルチケットセットガチャが奏功したことが考えられます。3周年施策で特徴的なのは、ふたつの無料ガチャ施策を展開したことです。
 
【ふたつの“無料ガチャ”施策】
(1)   毎日1回無料で引くことができる「毎日1回無料ガチャ」
(2)   全メンバー30人を獲得できる「3周年記念全メンバー集合無料ガチャ」

 
なかでも(2)の施策には驚きです。基本的に同作のガチャでは、ひとりのキャラクターに対して複数の絵柄(テーマやレアリティ含む)のカードが排出されるため、何度もガチャを利用しても全メンバーと出会えるとは限りません。そこで同作では、3周年のタイミングを迎えて、一度全メンバーと触れ合う機会を作り上げたのです。
 
 
(2)のガチャは、1回引くごとに全バンドの同じパートのメンバーを1人ずつ獲得することができ、全5回引くことで、全メンバー30人を獲得できます。決してマネタイズに直結するものではありませんが、新バンドが加入したタイミング、まだ知らぬキャラクターたちの魅力を体験できる機会となり、既存ユーザーのモチベーション向上及び、休眠ユーザーを呼び戻す施策として寄与したことがうかがえます。
 
セールスランキングでは2位を記録し、さらに無料ダウンロードランキングでは13位にランクインしました。運営から3周年を迎えた今でも、きちんとダウンロード結果に反映されるのは、新規はもちろん、やはり休眠ユーザーの呼び戻しにも一定の成果があるのではないかと考えられます。
 

■周年施策は収益・流入、そしてブランディング

 
 
現在運営4年目を歩んでいる『ガルパ』は、長期運営タイトルのひとつに数えられる時期でもあります。にもかかわらず、勢いが衰えるどころか、加速度的に成長を果たし、スマートデバイス向けリズムゲームの代表作として認知されています。
 
これらを実現しているのは、「バンドリ!」プロジェクト全体の展開や魅力はもとより、Craft Egg社の開発・運営力の賜物だと思います。今回紹介した1~3周年の施策は、スマホゲーム運営のセオリーを抑えながらも、独自の施策を取り入れながら、収益・流入・ブランディングという3つの成果に結びついています。
 
目先の収益や流入だけに固執しそうなところを、長期運営を見越したブランディングやLTV向上を意識した世界観の拡充、そして徹底したユーザーファーストを心掛けた。その結果、こんにちのヒット継続があるのではないかと考えます。
 
すでに4年目は、バンドストーリー3章の制作、「第3回ガルパ杯」の開催、新バンド「RAISE A SUILEN」の登場など、コンテンツが目白押しです。TVアニメ第3期も絶賛放送中のため、まだまだ『ガルパ』旋風は続くことでしょう。
 

▲新バンド「RAISE A SUILEN」
 

 
「Sp!cemartカレンダー」では、各ゲームのイベント情報をランキング推移と共に閲覧できます。自社はもとより、競合他社の施策一覧を取りまとめた分析などにもご活用できます。ぜひ、ご興味がある方はお問い合わせページからご連絡ください。
 

 

Sp!cemart
カレンダー・レポート
お問い合わせ

 

■執筆 <株式会社スパイスマート>
スマートフォンゲーム内運用に関する調査・分析を行うリサーチ事業とコンサルティング事業を展開しており、「Sp!cemart」というサービス名称で各種ソリューションを提供。

コーポレートサイト:http://corp.spicemart.jp/
Sp!cemart 商品に関する問合せ:info@spicemart.jp
 

■Sp!cemartゲームアプリ調査隊 バックナンバー

Vol.1 〜待望のシリーズ最新作『マリオカート ツアー』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.2 〜新作リズムゲーム『欅坂46・日向坂46 UNI'S ON AIR』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.3 〜初週で全世界1億DLを記録した『Call of Duty®: Mobile』、リリースから直近1ヵ月の運営施策を探る〜

Vol.4 〜Riot Games大特集。新作『Team Fight Tactics』の概要から『LoL』の直近プロモ・e-Sports施策まで〜

Vol.5 流入から定着まで繋げた7つの施策…大ヒット中の『FFBE 幻影戦争』、事前登録からリリース直後の施策を総まとめ

Vol.6 事前プロモ(ほぼ)なし…突如配信された『ワールドフリッパー』ヒットの背景。リリース前後の施策を分析

Vol.7 運営7周年を迎えた長期運営タイトル『にゃんこ大戦争』…長く愛される理由をゲーム“内外”の施策から分析

Vol.8 好調なリスタートを切った『魔界戦記ディスガイアRPG』、リリース中断から再開までの8ヵ月間の動向を分析

Vol.9 大ヒット中の『デュエル・マスターズ プレイス』、売上ランキング2位の背景をIP×マネタイズの観点から分析

Vol.10 スマホ向けパズルゲームのトップを走る『ガーデンスケイプ』の施策とシリーズの強みを分析

Vol.11 海外発のストラテジーゲーム『Rise of Kingdoms -万国覚醒-』がヒットの兆し。リリース前後の施策を分析

Vol.12 ヒットを生み出し続けるYostar待望の新作『アークナイツ』を分析。リリース前施策からマネタイズまで

Vol.13 売上ランキングTOP10入りの『メダロットS』を分析。既存ファンに向けた「メダロット」ならではの露出も

Vol.14 ゲームはスローライフだが運営施策は挑戦的…『どうぶつの森 ポケットキャンプ』これまでの歩み

Vol.15 目指したのは「リアルなミニ四駆体験の追求」…『ミニ四駆 超速グランプリ』ヒットの背景を分析

Vol.16 『モンスト』×「鬼滅の刃」コラボを分析…IP頼りで終わらず、推奨行動など多様な施策で盛り上げる

Vol.17 放置ゲームの新たな形『ロストディケイド』の挑戦。“放置させない”循環や独自性の高いマネタイズも

Vol.18 『モンスターハンター ライダーズ』はゲーム系IP作の新境地。改めて考えるモンスターの価値と魅力

Vol.19 原作再現度の高さで話題沸騰――大ヒット中『このファン』のゲーム内外施策を調査

Vol.20 新旧ではなく共存共栄――『あんさんぶるスターズ!!Basic&Music』リリース前後のゲーム内外施策を調査
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ブシロードCraft Eggスパイスマート

企業情報(株式会社Craft Egg)

会社名 株式会社Craft Egg
URL http://www.craftegg.co.jp/
設立 2014年5月
代表者 森川 修一
決算期 9月
直近業績 非公開
上場区分 未上場
証券コード

企業情報(株式会社ブシロード)

会社名 株式会社ブシロード
URL http://bushiroad.com/
設立 2007年5月
代表者 橋本義賢
決算期 7月
直近業績
上場区分 東証マザーズ
証券コード 7803

企業情報(株式会社スパイスマート)

会社名 株式会社スパイスマート
URL http://corp.spicemart.jp/
設立 2015年7月
代表者 張青淳
決算期
直近業績 非開示
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事