東京ゲームショウ2020(TGS2020)、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > CESA、「東京ゲームショウ2020」を9月24日~27日に...

CESA、「東京ゲームショウ2020」を9月24日~27日に開催決定! 出展申込を受付開始! クラウドゲーミングコーナー新設、eSports拡充!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日経BP、電通との共催のもと、「東京ゲームショウ2020」(TGS2020)を、本年9月24日から27日までの4日間、幕張メッセで開催することを決定し、本日(2月21日)より出展申込の受付を開始した。

TGS2020のテーマは、『未来は、まずゲームにやって来る。』に決まりた。未来を拓くテクノロジーをいち早く、かつ最も身近に体感できるのがゲーム。最新ゲームに触れることで、ワクワクできる未来がすぐそこまで来ていることを思いきり実感して欲しい、という思いをこのテーマに込めたという。

次世代ゲーム機の発売を控えているほか、クラウドゲーミングの本格化や5Gのサービス開始などゲームを取り巻く環境の進化にフォーカスするほか、新プラットフォームがもたらす、これまでにないゲーム体験を提供する。加えて、教育、ファッション、アート等の産業とゲームをクロスオーバーさせ、ゲームの「新たな可能性」を体感できる場を創出する。

TGS2020では、来場者はもちろんのこと、会場に来られないゲームファンに向け、会期前から国内外の様々な人気インフルエンサ―と協力し、話題を発信していく。また、国内外のメディアパートナーや複数の動画プラットフォームと連携して、日本語・英語・中国語で情報を発信し、グローバル規模でのネット視聴者を拡大していく。

ゲーム業界以外からも注目が高まっているeスポーツにおいては、今年も大型ステージ「e-Sports X(クロス)」で、様々な大会を開催する予定(詳細は4月に発表予定)。配信の強化に加えて、TGSならではのeスポーツの楽しみ方も提供する。

「東京ゲームショウ」は1996年に誕生し、今年で30回目の開催となる。第1回目の出展社数は87社、来場者数は10万9649人だった。そこから、BtoBとBtoCの両要素を併せ持つゲームイベントとして進化を続け、また、海外企業の積極的な出展誘致など、イベントの国際化も強化してきた。

その結果、600を超える企業・団体が2016年から4年連続で出展し(海外出展社は4年連続で300社超)、来場者数も2013年から7年連続で25万人以上を記録している。2020年は25万人の来場者数を見込んでいるとのこと。


 
■展示コーナー

●「一般展示」
ゲームソフトを中心としたデジタル・エンターテインメント関連製品やサービスを紹介するコーナー。

●「スマートフォンゲームコーナー」 
iOS、Androidなどのスマートフォンや各種タブレットなどのスマートデバイス向けゲームと、携帯端末やPCブラウザなどで楽しめるソーシャルゲームにフォーカスした展示コーナー。

●「クラウドゲーミングコーナー」 ★NEW
ゲームのストリーミング配信サービスや、それらの周辺機器及びそれらのサービスを提供するインフラなどを展示するコーナー。

●「ゲームスクールコーナー」
未来のクリエイターのために、ゲームスクールを紹介するコーナー。

●「インディーゲームコーナー」
独立系(インディー)開発者を出展対象とする、あらゆるプラットフォーム向けの完全オリジナルゲームを展示するコーナー。

●「e-Sportsコーナー」
eスポーツとして展開しているゲームタイトル(家庭用ゲーム、スマートフォンゲーム、PCゲーム)や、ハードウエア、デバイスなどを展示するコーナー。コーナー内には大型ステージも設置する。

●「VR/ARコーナー」
VR(Virtual Reality:仮想現実)、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)関連ゲームソフトやハードウエア、関連サービスなどを展示するコーナー。

●「物販コーナー」 
ゲーム関連グッズの販売を目的とした専用コーナー。

●「ゲーム×ファッションコーナー」 ★NEW
ゲームの世界観やキャラクターを活用し、ファッションをテーマにしたコンテンツを展示するコーナー。

●「ファミリーゲームパーク」
「ゲームを通じた新しい学び」をテーマに、子供の様々な可能性をひらく体験ができ、家族で楽しめるゲームソフトやゲーム関連製品も紹介するコーナー。

●「ビジネスソリューションコーナー」
ゲーム関連のB to B企業を対象とする展示コーナー。オプション(有料)としてTGSフォーラムスポンサーシップセッションも用意している。

●「ニュースターズコーナー (アジア/東欧/ラテン)」
海外の企業を対象に、各地域で有望なゲームベンチャーや開発スタジオ、サービスなど、ゲーム業界の新星となる企業を集め、日本のゲーム業界へ紹介するコーナー。アジア、東欧、中南米にフォーカスし、優秀な企業を紹介する。
・アジアニュースターズコーナー
 東南アジア・南アジアおよび中東地域を中心に、現地で有望なゲームベンチャー企業、開発スタジオ、ソリューションベンダーなどを紹介
 する。
・東欧ニュースターズコーナー
 ゲームエンジニアを育成する工科大学が充実している東欧各国(ポーランド/クロアチア/チェコ/ルーマニアなど)からゲームベンチャー
 企業を紹介する。
・ラテンニュースターズコーナー
 新興著しい中南米各国(ブラジル/アルゼンチン/チリ/コロンビア/コスタリカ/メキシコなど)からゲームベンチャー企業を紹介する。

●「ビジネスミーティングエリア」
ビジネスデイに落ち着いた環境で充実した商談を実現するミーティングスペース。出展社とビジネスデイ来場者、もしくは出展社同士をマッチングするシステムを無料で利用できる。


 
■ビジネスデイに実施する企画

◆「TGSフォーラム 基調講演」 
イベントステージで実施する、今年のゲーム業界で最もホットなトピックを扱うセッション。昨年は5G環境を整備する通信キャリアや端末メーカー、5Gを利用するコンテンツメーカーが集まり、来るべき5G時代の「ゲーム」の将来像のついて話し合う。

◆「SOWN(SENSE OF WONDER NIGHT)2020」
インディーゲームの登竜門として、はっと驚くようなアイデアを開発者自らがプレゼンテーションする国際的な祭典。全世界から広くアイデアを募集し、優秀な作品を表彰する。

◆「TGSフォーラム 専門セッション」
ゲーム業界関係者に対しゲーム産業の最新技術動向やビジネス動向にフォーカスしたカンファレンスを開催する。

◆「インターナショナルパーティー」
ビジネスデイ2日目(9月25日)夕方より、海外の来場者・出展社と、国内出展社および報道関係者のビジネス交流を目的としたネットワーキングパーティーを開催する。


 
■その他

◆「休憩エリア」
イベントホール2-3階と、屋外エリアの一部をフードコート/休憩エリアとする。イベントホールはスタンドの約5000席を開放し、お食事のほか休憩エリアとしても利用できる。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東京ゲームショウ2020(TGS2020)一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事