19年10-12月決算、スクウェア・エニックス・ホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【大手ゲーム第3四半期決算まとめ】6社中4社が営業増益 スマ...

【大手ゲーム第3四半期決算まとめ】6社中4社が営業増益 スマホゲーム・PCオンラインゲーム好調のスクエニとセガサミーが躍進 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ
家庭用ゲームソフト大手6社の9ヶ月決算(19年4~9月)の決算が出揃った。本業の儲けを示す営業利益が前年同期に比べてプラスとなったのは、6社中4社だった。カプコン<9697>やセガサミーHD<6460>、スクエニHD<9684>が大幅な増益を達成した一方、コナミホールディングス<9766>とコーエーテクモホールディングス<3635>が減益と明暗が分かれた。また、バンナムHD<7832>は売上・営業利益ともに僅かな増加にとどまった。

このなかでも目立ったのは、スクエニHDだ。『ドラゴンクエストウォーク』や『ロマンシング サガ リ・ユニバース』など、同社の保有する有力IP(知的財産権)を活用したスマホゲームが大ヒットしたほか、MMORPGが業績拡大をけん引した。また、セガサミーHDも主力の遊技機事業の伸びとともに、PCオンラインゲーム・スマートフォンゲームの収益改善が利益拡大の大きな要因となった。

スマホゲーム市場の成熟化が進むとともに、ゲームユーザーから幅広く認知されているIPを持ち、そして、"失敗できる"経営体力をもつ大手家庭用ゲーム会社がモバイルゲームの会社と組みながらチャレンジを続けて成果を出している。また、コーエーテクモのように、海外の会社にライセンス供与を行い、対価としてロイヤリティ収益を得て安定した利益を生み出す源泉とすることもケースもある。

また、異色の強さを見せているのがカプコンだろう。『モンスターハンターワールド:アイスボーン』のダウンロード販売を伸ばしたほか、採算性の高いリピート販売を伸ばしていった。この結果、13%の減収と売り上げを落としたものの、営業利益は37%増と大幅な伸びとなった。

 
※コナミHDのみ経常利益は税引前利益。
※1億円以下は四捨五入。


■コーエーテクモホールディングス<3635>
売上高266億7600万円(前年同期比0.5%減)、営業利益64億2900万円(同9.5%減)だった。主力のゲーム事業では、パッケージ分野の売上が低下する一方、同社がIPを許諾したスマートフォンゲームが好調。『三国志・战略版』に加え、『新三國志』も引き続き順調に推移しロイヤリティ収入が伸長した。第3四半期まで営業利益は前年を下回って推移しているが、第4四半期に大型タイトルの発売を予定しているうえ、ロイヤリティも好調に推移しているため、 通期計画に対して順調に進捗しているという。

【関連記事】
コーエーテクモHD、第3四半期の最終利益は14.8%増の97億円と過去最高更新…全セグメント減益も固定資産売却益計上【追記】


■セガサミーホールディングス<6460>
売上高2808億円(前年同期比12.2%増)、営業利益280億円(同135.4%増)だった。遊技機事業の収益が大きく回復し、ゲーム事業もスマホゲームの採算性が改善した。PCオンライン・スマホゲームの営業利益は75億円となり、前年同期の27億円の赤字から大幅な黒字転換を果たした。『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』と『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』が好調だったことに加えて、前期に行った減損処理で費用負担が軽減した。また、タイトル譲渡に伴う収益計上も利益水準を押し上げた。

【関連記事】
セガサミーHD、第3四半期の営業益は135%増の280億円と大幅増益…パチスロ遊技機が回復、スマホゲームの採算性も大きく改善
セガサミーHD、20年3月期通期予想を上方修正…遊技機・パッケージゲームなどの販売が予想を下回るも デジタルゲームの収益性改善で利益上ブレ
セガのスマホゲーム、第3四半期の営業利益が27億円の赤字から75億円の黒字に大きく改善 『サカつく』と『北斗の拳』好調、『PSO2』も存在感
セガのパッケージソフト、営業利益は43%減の46億円 採算性の高いリピート販売が低下 新作販売倍増で来期から利益貢献に期待
セガサミーHD、アミューズメント機器の営業利益は90%減の3億円 プライズ堅調もビデオゲームが低調 『StarHorse4』や『けもフレ3』投入 


■バンダイナムコホールディングス<7832>
売上高5325億円(前年同期比0.7%増)、営業利益720億円(同3.2%増)だった。国内外のハイターゲット層(大人層)に向けた商品が人気となったトイホビー事業が好調に推移したほか、各事業の主力IP商品・サービスが安定的に推移した。ゲーム事業を見ると、スマートフォンゲームの売上が4.2%減の1458億円と低下する一方、家庭用ゲームソフトは同2.6%増の675億円と伸びた。「DRAGON BALL」シリーズや「ワンピース」、国内の「アイドルマスター」シリーズなどの主力タイトルが安定的に推移したという。

【関連記事】
バンナムHD、第3四半期の営業益は3.2%増の720億円 大人向けや定番IPの玩具好調 映像音楽とリアルエンタメの減益をカバー ゲーム事業は堅調
バンナムHD、20年3月通期の営業益予想を700億円→750億円に7.1%上方修正
バンナムHD、スマホゲーム中心とするネットワークコンテンツの売上高は4.2%減の1458億円 四半期ベースではレンジ内で変動 良くいえば安定的だが…
バンナムHDのスマホゲーム、19年10-12月売上高は9.7%減の417億円 400億円台キープも2四半期連続の減収に
バンナムHDの10-12月IP別売上高、ドラゴンボール減少も首位キープ ドッカンバトル5周年と家庭用新作で巻き返し ガンダムやライダー、ワンピースも伸長


■スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>
売上高1897億円(前年同期比4.4%増)、営業利益277億円(同124.3%増)と大幅な増益を達成した。ゲーム事業と出版事業の好調が目立った。ゲーム事業では、家庭用ゲームは赤字転落となったものの、スマホゲームとMMORPGが好調だった。『ロマンシング サガ リ・ユニバース』や『ドラゴンクエストウォーク』といったスマホゲームが貢献した。MMORPGについては、『ファイナルファンタジーXIV』と『ドラゴンクエストX』の拡張パッケージ発売とそれに伴う課金会員者数の増加が業績に寄与したという。

【関連記事】
スクエニHD、3Qは営業益277億円と通期予想を超過して着地 『ロマサガRS』『DQウォーク』などスマホゲームがけん引役に
スクエニHD、10-12月のスマホ・PCブラウザゲーム売上は56%増の344億円と最高水準 営業益も最高更新か 『ロマサガRS』『DQウォーク』貢献
スクエニHD、10-12月MMORPGは売上高33%増の86億円 営業利益も大幅に伸長 『DQX』拡張パッケージ発売、課金会員増加
スクエニHDの出版事業、売上高23%増の48億円、営業益30%増の17億円と増収増益 マンガアプリ「マンガUP!」と紙媒体が販売好調
スクエニHD、19年1~3月のHDゲーム(’家庭用ゲームソフト)は赤字転落 前年同期の反動に加えてリピート販売が軟調


■カプコン<9697>
売上高529億800万円(前年同期比13.6%減)、営業利益184億4800万円(同37.1%増)と大幅増益を達成した。家庭用ゲームがけん引した。とりわけ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(PS4、Xbox One用)が堅調に推移するとともに、採算性が高いダウンロード販売中心の事業展開により、収益アップのけん引役を果たした。『デビル メイ クライ 5』や『モンスターハンター:ワールド』などリピート販売も利益を押し上げた。アミューズメント施設とアミューズメント機器も好調だった。

【関連記事】
カプコン、20年3月期通期予想を修正…売上高は下方修正も利益は大幅な上ブレに ダウンロード販売への転換や利益率の高いリピート販売の好調で


■コナミホールディングス<9766>
売上高及び営業収入1931億円(前年同期比0.2%増)、営業利益240億円(同39.2%減)だった。スポーツ事業で固定資産の減損損失を計上したことに加えて、新技術対応のための先行投資が響いた。「コナミクリエイティブセンター銀座」への移転に伴う費用も負担となった。ゲーム事業では、『遊戯王 デュエルリンクス』や『eFootball ウイニングイレブン 2020』(海外名『eFootball PES 2020』)、『プロ野球スピリッツA』などが好調に推移した。新作の開発費や研究開発投資を行ったことからゲーム事業は減益となった。

【関連記事】
コナミHD、通期予想を下方修正…最終利益は従来予想300億円から210億円に スポーツ事業でのれん及び有形固定資産の減損損失62億円を計上
【再掲】コナミHD、19年4~12月の営業利益は39%減の239億円 スポーツ事業の減損と新技術対応への先行投資で 本社移転費用も重しに
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年10-12月決算コーエーテクモホールディングスコナミホールディングス

企業情報(株式会社カプコン)

会社名 株式会社カプコン
URL http://www.capcom.co.jp/
設立 1983年6月
代表者 辻本春弘
決算期 3月
直近業績 売上高815億9100万円、営業利益228億2700万円、経常利益229億5700万円、最終利益159億4900万円(2020年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9697

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 田口 三昭
決算期 3月
直近業績 売上高7239億8900万円、営業利益757億7500万円、経常利益797億9700万円、最終利益576億6500万円(2020年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

企業情報(コナミホールディングス株式会社)

会社名 コナミホールディングス株式会社
URL http://www.konami.com/
設立 1973年3月
代表者 代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期 3月
直近業績 売上高及び営業収益2628億円、営業利益309億円、最終利益198億円(2020年3月期の実績)
上場区分 東証1部(ロンドンの取引所にも上場)
証券コード 9766

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事