19年10-12月決算、LINEに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > LINE、19年12月期は売上高9%増も389億円の営業赤字...

LINE、19年12月期は売上高9%増も389億円の営業赤字を計上 Fintechに関する開発やマーケティング費用で戦略事業は665億円のセグメント赤字に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
LINE<3938>は、1月29日、2019年12月期の連結決算(IFRS)を発表、売上収益2274億円(前年同期比9.8%増)、営業損益389億円の赤字(前年同期161億円の黒字)、最終損益468億円の赤字(同37億円の赤字)となった。
 

広告事業の売上増加により、売上収益は増収を達成したものの、前期はLINE モバイルとLINE Gamesを持分法適用関連会社へ変更したことに伴う支配喪失による利益247億円を計上していたが今年はこれがなくなったことに加え、Fintechに関連する開発やマーケティング費用が増大したことで、大幅な営業赤字を計上した。

なお、セグメント別の損益の状況は以下のとおり。

①コア事業…売上収益1967億円(前々期比10.3%増)、セグメント営業利益315億円(同18.9%増)
アカウント広告やディスプレイ広告が好調だったことによる広告売上の増収がコア事業の増収および増益に貢献した。

②戦略事業…売上収益307億円(同6.9%増)、セグメント営業損益665億円の赤字(同349億の赤字)
FintechやEコマースに関連する売上収益が増加したものの、Fintechに関連する開発やマーケティング費用の増大で赤字幅が大きく拡大した。

なお、2020年12月期は非開示。モバイルアプリケーション市場は国内外で急激に変化しているために不確実性が存在しており、グループの業績も大きな影響を受ける状況にあり、精緻な業績予想を策定することは困難であるほか、ニューヨーク証券取引所にも上場しており、米国の証券規制上のリスクも勘案し、現時点において業績予想の公表は行わないとしている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( LINE19年10-12月決算

企業情報(LINE株式会社)

会社名 LINE株式会社
URL http://linecorp.com/
設立 2000年9月
代表者 出澤 剛
決算期 12月
直近業績 売上収益2071億円、営業利益161億円、最終損益37億円の赤字(2018年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3638

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事