19年7-9月決算、東映に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 東映、20年3月期の営業益を167→215億円に上方修正…劇...

東映、20年3月期の営業益を167→215億円に上方修正…劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』大ヒット、ドラゴンボールやワンピースの版権収入好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
東映<9605>は、本日(11月12日)、2020年3月通期の連結業績予想について、

売上高1370億円(前回予想1236億円)
営業利益215億円(同167億円)
経常利益245億円(同192億円)
最終利益108億円(同80億円)

と上方修正した。従来予想からの修正率は、売上高が10.8%増、営業利益が28.7%増、経常利益が27.6%増、最終利益が35.0%増となる。
 


同社では、映画興行においては「劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』」が大ヒットを収めたほか、版権許諾では「ドラゴンボール」シリーズや「ワンピース」が国内外で好調に推移したため、としている。

あわせて9月中間期の予想を以下のように上方修正した。

売上高760億円(前回予想649億円)
営業利益135億円(同92億円)
経常利益152億円(同105億円)
最終利益69億円(同42億円)
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年7-9月決算東映

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事