19年7-9月決算、スクウェア・エニックス・ホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > スクエニHD、2Qは売上高8%増、営業益62%増に スマホゲ...

スクエニHD、2Qは売上高8%増、営業益62%増に スマホゲームは『ロマサガRS』に加えて『DQウォーク』が好発進 「マンガUP!」含む電子書籍も好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、11月7日、2020年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表、売上高1207億円(前年同期比8.2%増)、営業利益159億円(同62.9%増)、経常利益156億円(同6.1%増)、最終利益109億円(同32.0%増)となった。
 

セグメント別の状況は以下のとおり。

①デジタルエンタテインメント事業…売上高854億円(前年同期比4.2%増)、営業利益166億円(同33.0%増)
家庭用ゲーム機向けタイトルは、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてS』や『ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスター」Nintendo Switch版・Xbox One版などを発売したが、前年同期に新規大型タイトルの発売があったため、その反動により前年同期比で減収となった。また、前期に発売した新作のリピート販売が弱かったため営業損失を計上した。

スマートデバイス・PCブラウザなどをプラットフォームとしたコンテンツは、『ロマンシング サガ リ・ユニバース』の好調に加えて、2019年9月に配信開始した『ドラゴンクエストウォーク』が好調な出足を切り、前年同期比で増収増益となった。

多人数参加型オンラインロールプレイングゲームは、『ファイナルファンタジーXIV』拡張パッケージの発売とそれに伴う課金会員者数の増加により、前年同期比で増収増益となった。

②アミューズメント事業…売上高228億円(同11.2%増)、営業利益13億円(同83.3%増)
アミューズメント機器で新規タイトルの発売がなかったものの、店舗運営が好調に推移し、前年同期比で増収増益となった。

③出版事業…売上高90億円(同42.3%増)、営業利益32億円(同87.2%増)
マンガアプリの「マンガUP!」を含む電子書籍形式の販売が大幅に増加した。また、紙媒体での販売も好調に推移し、前年同期比で増収増益となった。

④ライツ・プロパティ等事業…売上高45億円(同35.3%増)、営業利益6億円(同112.9%増)
自社コンテンツの新規キャラクターグッズなどの投入があり、前年同期比で増収増益となった。


【関連記事】
高成長続くスクエニの出版事業、7~9月は売上高50億円、営業利益20億円 売上・利益ともにさらなる高みに 「マンガUP!」など電子書籍大幅増
スクエニHD、7-9月のスマホゲームは増収増益 『ロマサガRS』と『ドラクエウォーク』貢献
スクエニHD、7-9月のMMOは売上・利益とも大幅増 『ファイナルファンタジーXIV』拡張パッケージと課金会員大きく伸長 HDゲームは赤字転落


なお、2020年3月期通期の連結業績予想は、従来予想から変更なく、売上高2700億円(前期比0.5%減)、営業利益240億円(同2.6%減)、経常利益240億円(同15.5%減)、最終利益168億円(同13.3%減)の見込み。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年7-9月決算スクウェア・エニックス・ホールディングス

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
URL http://www.square-enix.com/
設立 1975年9月
代表者 松田洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高2710億円、営業利益245億円、経常利益283億円、最終利益184億円(2019年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9684

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事