19年7-9月決算、コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コロプラ、19年9月期は売上高15%減、営業益57%減 『黒...

コロプラ、19年9月期は売上高15%減、営業益57%減 『黒猫のウィズ』や『白猫PJ』など既存ゲームが減収 経常益と最終益は黒字での着地に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
コロプラ<3668>は、11月6日、2019年9月期の連結決算を発表、売上高389億2000万円(前年同期比15.0%減)、営業利益29億5200万円(同57.5%減)、経常利益16億5500万円(同72.9%減)、最終利益10億7000万円(同74.5%減)となった。
 

売上高は、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』や『白猫プロジェクト』といった既存ゲームの減収により、前年度を下回った。営業利益は、広告宣伝費をはじめとする各種費用の適正化に努めたが、売上高減少による影響を補いきれず、前年度を下回った。なお、経常利益と最終利益は第3四半期までは赤字だったものの、通期では黒字での着地となっている。

売上の多くを占めるスマートフォン向けゲームでは、台湾・香港・マカオ向けに『アリス・ギア・アイギス』と『ディズニー ツムツムランド』の配信を開始した。また、国内向けに『バクレツモンスター』と『最果てのバベル』、そしてスクウェア・エニックスとの共同開発タイトル『ドラゴンクエストウォーク』の配信を開始した。

『黒猫のウィズ』や『白猫PJ』といった既存ゲームは、TVCMやオンライン動画プラットフォームのプロモーションに加え、グッズの製作、リアルイベントなどを実施することでユーザとのエンゲージメントを高めるサービス運用に取り組んだ。また、『アリス・ギア・アイギス』PC版の配信を開始し、スマートフォン以外のデバイスへの展開を進めた。

VR端末向けコンテンツでは、Oculus RiftおよびHTC Vive向けに「TITAN SLAYER Ⅱ」パッケージ版の配信を開始した。

また、全社的な取り組みとして創業10周年を記念した「コロプラフェス2018」を開催した。『黒猫のウィズ』や『白猫PJ』といった人気タイトルをはじめ、創業時からのサービスである『コロニーな生活』や最新のVRゲームなど、さまざまなタイトルのステージやブースを展開した。

なお、2020年9月期通期の予想は非開示。グループを取り巻く事業環境は短期的な変化が激しいことから、グループの業績の見通しについては適正かつ合理的な数値の算出が困難としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コロプラ19年7-9月決算

企業情報(株式会社コロプラ)

会社名 株式会社コロプラ
URL http://colopl.co.jp/
設立 2008年10月
代表者 馬場功淳
決算期 9月
直近業績 売上高522億円、営業利益129億円、経常利益129億円、最終利益86億円(2017年9月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3668

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事