セガゲームスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガゲームス、『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピ...

セガゲームス、『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』の1964年競技として「10m高飛込」と「バレーボール」「柔道」「マラソン」を紹介!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


セガゲームスは、 Nintendo Switch用ソフトウェア『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』について、 東京1964年競技として、「10m高飛込」と「バレーボール」「柔道」「マラソン」を紹介した。



■競技紹介【東京1964年競技「10m高飛込」】
高さ10mの飛び込み台から水面へとジャンプし、 落下中に行った技の難度や、 着水の美しさを競う「10m高飛込」。着水までにコマンドをミスなく、 素早く入力できるかどうかが勝利のカギ。




■競技紹介【東京1964年競技「バレーボール」】
ネット越しにボールを打ち合い、 得点を競う「バレーボール」。当時用いられていたサイドアウト制ルールを採用しており、 サーブ権を持っている状態で攻撃に成功すると得点となる。




■競技紹介【東京1964年競技「柔道」】
技のかけ合いと、 駆け引きで競う「柔道」。バランスゲージを押し引きし、 つかまれた側のバランスが完全に崩れると、 投技が発動する。間合いと相手の押し引き入力を見極めるのが勝利のカギ。




■競技紹介【東京1964年競技「マラソン」】
42.195kmの道のりを走り、 ゴールタイムを競う「マラソン」。スタミナが切れないように給水や選手集団による風よけを利用したり、 加速ができるポイントを見逃さないのが勝利のカギ。





(C) NINTENDO. (C)SEGA.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社セガゲームス)

会社名 株式会社セガゲームス
URL http://sega-games.co.jp/
設立 2015年4月
代表者 里見治紀
決算期 3月
直近業績 売上高683億円、営業利益64億円、経常利益77億円、最終利益60億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事