19年6-8月決算、ブロッコリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算】ブロッコリー、第2四半期は新規コンテンツの先行費用吸...

【決算】ブロッコリー、第2四半期は新規コンテンツの先行費用吸収し営業増益…劇場版『うたプリ』関連CDや『Z/X』など高採算商品が貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ブロッコリー<2706>が先週末(10月11日)に発表した第2四半期累計(2019年3~8月)の業績は、売上高が前年同期比で1.0%減の27億3300万円、営業利益が同1.5%増の3億4000万円、経常利益が同1.8%増の3億4700万円、最終利益が同23.0%増の2億7700万円と前年同期比で増益を達成した。

同社によると、売上が伸び悩んだものの、6月からの劇場版公開を開始した『うたの☆プリンスさまっ♪』関連音楽CDと、オリジナルTCG『Z/X(ゼクス)』など高採算商品の販売が好調だったことで売上総利益率が33.5%から40.3%に改善したことが主な要因だ。

 


かねてより発表していた中期計画において、新規コンテンツの育成のためのプロモーション費用の増加と、人員拡充を行うなど、先行投資を行うとしていたが、それを吸収しての増益となった。

また、最終利益については、23%増と大きく伸びたが、保険解約返戻金5200万円が計上されたこと、前年同期に計上された固定資産除却損1200万円がこの期は計上されなかったことが主な要因だ。
 


なお、劇場公開した『うたの☆プリンスさまっ♪』については、観客動員数が100万人を突破するなど好調だが、劇場収益のロイヤリティに関しては、精算が終わっていないため、計上していないとのこと。第3四半期以降に収益貢献する見通しだ。
 


コンテンツ別の売上構成を見ていくと、『うたの☆プリンスさまっ♪』関連の収益が54%と再び過半を占めるようになった。『Z/X』も11.8%から16.4%に伸びた。
 


展開しているコンテンツは以下のとおり。

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年6-8月決算ブロッコリー

企業情報(株式会社ブロッコリー)

会社名 株式会社ブロッコリー
URL http://www.broccoli.co.jp/
設立 1994年3月
代表者 高橋善之
決算期 2月
直近業績 売上高59億7500万円、営業利益8億0900万円、経常利益8億3400万円、最終利益5億5000万円(2019年2月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 2706

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事