19年5-7月決算、エイチームに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エイチーム、マルチデバイスタイトルは「ガチャモデルから脱却し...

エイチーム、マルチデバイスタイトルは「ガチャモデルから脱却したい」 IPはグローバルで訴求可能なものに ゲーム事業の新方針を説明

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
▲2019年6月14日の決算説明会で撮影


エイチーム<3662>の中内之公エンターテインメント事業本部長は、9月13日に実施した決算説明会の質疑応答で、今後リリースする新作については、従来展開してきた「ガチャモデル」から脱却し、マンスリーパスなどを前提としたモデルにしていく考えを示した。

また、スマートフォンとPC、コンシューマゲーム機とマルチデバイスへの対応については、1つのゲームを開発して複数のデバイス向けに配信していくという。基本的なゲームの仕組みを維持しつつ、デバイスごとの相違についてはグラフィック部分で調整していくとのこと。
 


決算説明会で、ゲームを中心としたエンターテインメント事業の方針転換を行うことを明らかにしていた。IPタイトルとグローバル展開を軸にしつつ、スマホゲーム専業から家庭用ゲームやPCゲームも含むマルチデバイス展開を行っていくと発表しており、それを受けた質疑応答となる。

なお、獲得するIPについては、マルチデバイスとグローバル展開する大規模タイトルについては世界的に訴求するIPを活用するとし、国内を狙った中小規模のタイトルについては、一定数ファンが獲得できているIPを選定する方針でいくとも明かした。

この方針転換の背景として、新規のゲームアプリがなかなか大きなヒットにならず、セールスランキングで上がっても上位に定着しづらい状況があると吐露。日本のゲームアプリ市場も横ばいとなりつつあり、海外の企業が日本に進出してきて、閉塞感も感じているという。

他方、エイチームもスマートフォンを中心にアプリ開発を行い、リッチ化する中でコンシューマーゲームとしてリリースしてもユーザーが楽しめる作品が出せるようになったと判断したことに加え、世界中で増えているゲームユーザーに向けて出していくという考えに至った、とした。
 


【関連記事】
エイチームのゲーム事業、スマホ専業から方針転換 IP×マルチデバイス展開でグローバル市場を狙う 背景に市場成長鈍化の一方、開発費10倍と収益性低下
【詳報】エイチーム、19年7月期はエンタメ事業が振るわず減収減益に 主力の『ヴァルコネ』『ユニゾンリーグ』減衰分を『スタリラ』でカバーできず
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社エイチーム)

会社名 株式会社エイチーム
URL https://www.a-tm.co.jp/
設立 2000年2月
代表者 林高生
決算期 7月
直近業績 売上高376億7400万円、営業利益47億100万円、経常利益47億3000万円、最終利益33億600万円(2018年7月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3662

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事