アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)、FGO PROJECTに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームキャンペーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 『モンスト』が首位を譲らず、『デレステ』『ロマサガRS』『F...

『モンスト』が首位を譲らず、『デレステ』『ロマサガRS』『FGO』などが追う展開、『マギレコ』も好調…Google Play売上ランキングの1週間を振り返る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ

9月9日~9月13日の動きを振り返っていこう。

平日の全ての首位はミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が獲得した。同タイトルでは、「獣神化論」、「水の遊宴」などを実施していた。それを追うタイトルはバンダイナムコエンターテインメントの『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』、FGO PROJECT の『Fate/Grand Order』、スクウェア・エニックスとアカツキ<3932>の『ロマンシング サガ リ・ユニバース』、バンダイナムコエンターテインメント<7832>/アカツキ<3932>の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』などとなったが、首位を陥落することはできなかった。
 

そのほか、Aniplexとf4samuraiの『マギアレコード 魔法少女まどかマギカ外伝』も木曜日に4位を獲得し今週はTOP10に定着するなど好調を維持していた。

『モンスターストライク』では獣神祭も開始していることから、さらに首位の座を守り続けるか注目したいところ。なお、今後はスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストウォーク』も上位に食い込むことが予想されるため、TOP5内の戦いはさらに激しくなりそうだ。

 
■9月9日


9月9日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、首位は引き続きミクシィ<2121>の『モンスターストライク』となった。2位には、バンダイナムコエンターテインメントの『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』でTOP3入りを果たした、3位はFGO PROJECTの『Fate/Grand Order』と続いた。

TOP10を見ると、NetEase Gamesの『IdentityⅤ』がランクインしている。『IdentityⅤ』は、9月5日のアップデート後より、新ハンター「血の女王」が手に入る「UR衣装血の女王-血祭り」などが含まれた「S7・真髄2」が登場しており、売り上げをTOP30圏外から一気に順位を上げている。
 
出所:AppAnnie(弊メディアで追記あり)
 

また、スクウェア・エニックス<9684>の『星のドラゴンクエスト』がTOP30圏外から、23位に飛び込んできた。同タイトルでは、『ドラゴンクエストⅩ オンライン』とのコラボイベントを開催、宝箱ふくびきに「種族神の神器」&「エルトナそうび」が登場し人気となっているようだ。

加えて9月8日0時からはナイトメア装備が出現する、1人5回限定の有償ジェムでのみ引くことができるプレミアム宝箱ふくびきが登場しており、今後さらに順位を上げてくる可能性がある。
 

出所:AppAnnie(弊メディアで追記あり)

 
■9月10日


9月10日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、『モンスターストライク』、『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』、『Fate/Grand Order』とトップ3の顔ぶれは前日から変わっていない。

そうした中、前日9位→6位に浮上したのが『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』。『マギレコ』は9月9日17時より、各ディスク(Accele・Blast・Charge)を3枚もった魔法少女をピックアップ対象とした「ディスク別ピックアップガチャ」を開始している。「ディスク別ピックアップガチャ」では、ピックアップ対象の魔法少女およびメモリアの提供割合がアップしており、売り上げにつながっているもよう。
 
出所:AppAnnie(弊社にて追記あり)
 
 
 
また、ポケラボとスクウェア・エニックスの『SINoALICE(シノアリス)』が、前日から3ランクアップでトップ30に復帰を果たしている。『シノアリス』では、9月6日~9月11日23時59分まで「アリス」「スノウホワイト」「グレーテル」の「アイテムセット付SS1点確定11回ガチャ」を開催しており、ユーザーから好評のようだ。
 
出所:AppAnnie(弊社にて追記あり)


 
■9月11日


9月11日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、1位『モンスターストライク』、2位『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』は前日と変わらずで、2ランクアップの『Pokémon GO』が3位に立った。

この日14ランクアップで7位に浮上したのが、スクウェア・エニックスとアカツキ<3932>の『ロマンシング サガ リ・ユニバース』。『ロマサガRS』は、9月10日より開催の「Romancing Award 2019 第2弾」を記念した、新ガチャ「Romancing Award記念 Romancing祭」を開始している。

こちら、SS[迷いの森を迷い出て]クローディア、SS[銀のドラゴン]シルバー、SS[カヤキス(黒い悪魔)]ナイトハルトが対象期間中に新登場&ピックアップ。また、初回に限り10回ガチャが有償1500ジュエルで回すことができるとあって、売り上げにつながっているようだ。
 
出所:AppAnnie(弊社にて追記あり)
 
 
 
また、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の『パズル&ドラゴンズ』が、前日20位→9位と順位を上げた。『パズドラ』は9月10日より、期間限定の特別レアガチャ「魔法石10個!フェス限ヒロインガチャ」を開始。同ガチャは魔法石10個で1回引くことができ、「大魔女の弟子・チェルン」など「フェス限ヒロイン」シリーズのモンスター達が登場する。

他にも期間中、魔法石ショップで「魔法石2個+フェス限ヒロインガチャ」を販売。購入は1回限りで「魔法石2個+フェス限ヒロインガチャ」(240円)を購入すると、魔法石2個と「フェス限ヒロインガチャ」がまわせる。これら施策が順位を押し上げた要因と思われる。
 
出所:AppAnnie(弊社にて追記あり)

 
 
そして、9月5日より配信を開始したセガゲームスの新作『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE(北斗リバイブ)』が、24位とトップ30入りを果たした。『北斗リバイブ』は、「北斗の拳」の物語をかつてないボリュームで再現した伝承リバイブRPGで、事前登録数90万件を突破するなどリリース前から期待を集めていた。

本作は、9月8日時点で111位だったが、翌9日に53位、10日に32位まで浮上し、本日8ランクアップで24位にランクインした。好調な滑り出しを見せた『北斗リバイブ』、今後トップ30圏内に定着するか注目したい。
 
出所:AppAnnie(弊社にて追記あり)



 
■9月12日


9月12日10時30分現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、ミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が首位をキープした。

上位陣では、スクウェア・エニックスとアカツキ<3932>の『ロマンシング サガ リ・ユニバース』が前日の7位から3位に上昇した。『ロマサガRS』は、「Romancing Award 2019」を記念した 新ガチャ「Romancing Award記念 Romancing祭」を9月10日12時より開催(関連記事)しており、売り上げを伸ばしているようだ。
 
出所:AppAnnie (数日分の動きが未反映のため、弊社にて追記)


また、セガゲームスの『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』が前日の24位から16位へと順位を上げた。『北斗リバイブ』は、Google Playランキングでは前日に初のトップ30入りを果たしたばかりだが、さらに上位をうかがう展開となっている。なお、9月11日5時より、新拳士の「UR拳王」が登場するなどゲーム内施策も動き出しており、引き続きそのランキング動向に注目が集まりそうだ。
 
出所:AppAnnie (数日分の動きが未反映のため、弊社にて追記)


ほか、Yostarの『アズールレーン』がトップ30に復帰した。


 
■9月13日


9月13日10時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、首位『モンスターストライク』、2位『Pokémon GO』が前日の順位をキープし、それを追って前日5位の『Fate/Grand Order』が3位に浮上した。

そうした中、前日から18ランクアップで8位につけたのが、Yostarの『アズールレーン』だ。『アズールレーン』は、9月11日のメンテナンス終了後より「期間限定建造」としてSSR「ザラ」「フォーミダブル」「リットリオ」などが登場。また、着せ替えアイテムには水着姿のザラ「水辺の出逢い」(Live 2D付き)を始めとした衣装も追加されており、順位を押し上げる要因となったもよう。
 
出所:AppAnnie(弊社にて追記あり)
 
 
 
また、コロプラ<3668>の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』が、前日71位→28位と大きく順位を上げた。『黒猫のウィズ』は、9月12日16時より、「黒ウィズゴールデンアワード2019後半」を開始している。

こちらは8月30日より開催している、プレイヤーによる投票企画「黒ウィズゴールデンアワード2019」で選出した上位12体の内6体の精霊が登場するイベントの後半戦。上位12体の内残りの6体が登場しており、ユーザーから好評のようだ。
 
出所:AppAnnie(弊社にて追記あり)

 
その他、9月11日より「前衛後衛特化ガチャ」にFFBEコラボ武器が登場し、魔晶石が300個オトクなセール【1回目】を開始しているスクウェア・エニックスとポケラボの『SINoALICE ーシノアリスー』が37位→21位、9月11日よりステップガチャ(関連記事)を開始したネットマーブル『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』が43位→27位と、それぞれ16ランクアップでトップ30に復帰している。
 
出所:AppAnnie(弊社にて追記あり)

 
出所:AppAnnie(弊社にて追記あり)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( f4samuraiアカツキバンダイナムコエンターテインメント

企業情報(株式会社f4samurai)

会社名 株式会社f4samurai
URL http://www.f4samurai.jp/
設立 2010年1月
代表者 金 哲碩
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス
URL http://www.square-enix.com/
設立 2008年10月
代表者 松田 洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高1922億円、経常利益341億円、最終利益279億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部(スクウェア・エニックス・ホールディングス)
証券コード 9684

企業情報(株式会社アカツキ)

会社名 株式会社アカツキ
URL http://aktsk.jp/
設立 2010年6月
代表者 塩田元規
決算期 3月
直近業績 売上高115億円(前の期比93.9%増)、営業利益47億円(同121.3%増)、経常利益46億円(同133.1%増)、最終利益32億円(同195.9%増)(2017年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3932

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事