19年5-7月決算、エイチームに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【詳報】エイチーム、19年7月期はエンタメ事業が振るわず減収...

【詳報】エイチーム、19年7月期はエンタメ事業が振るわず減収減益に 主力の『ヴァルコネ』『ユニゾンリーグ』減衰分を『スタリラ』でカバーできず

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
エイチーム<3662>は、9月13日、2019年7月期の連結決算を発表、売上高371億5100万円(前々期比1.4%減)、営業利益28億1100万円(同40.2%減)、経常利益28億900万円(同40.6%減)、最終利益14億7300万円(同55.4%減)となった。
 

主にエンターテインメント事業における内外的要因により業績が振るわず、減収減益での着地となった。

各セグメントごとの状況は以下の通り。

①エンターテインメント事業…売上高125億7700万円(前々期比22.2%減)、セグメント利益15億3200万円(同57.3%減)
既存の主力ゲームアプリ『ヴァルキリーコネクト』や『ユニゾンリーグ』などが減衰し、全体として売上が減少する中、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト –Re LIVE-』で既存ゲームアプリ全体の売上減少分を十分には補うことができず、エンターテインメント事業は減収減益となった。

②ライフスタイルサポート事業…売上高225億2500万円(同18.8%増)、セグメント利益31億3700万円(同2.0%増)
各サブセグメントが好調に推移した。各サブセグメントにおいて、既存事業の育成と周辺サービスの拡充に加え、新しい事業領域において複数の新規サービスへの先行投資を実施した。

③EC事業…売上高20億4800万円(同19.7%減)、セグメント損益2億1000万円の赤字(前々期2億1100万円の赤字)
自転車通販サイト「cyma-サイマ-」は引き続きフルフィルメントを強化しながら、運営の最適化に向けた体制整備を優先し、前期比で減収となった。

なお、2020年7月期通期の連結業績予想は、売上高350億円(前期比5.8%減)、営業利益10億円(同64.4%減)、経常利益10億円(同64.4%減)、最終利益5億円(同66.1%減)の見込み。
 

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社エイチーム)

会社名 株式会社エイチーム
URL https://www.a-tm.co.jp/
設立 2000年2月
代表者 林高生
決算期 7月
直近業績 売上高376億7400万円、営業利益47億100万円、経常利益47億3000万円、最終利益33億600万円(2018年7月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3662

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事