ロケットリョコウに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ロケットリョコウ、ヒトフデアートパズル『ペイントアウト!』を...

ロケットリョコウ、ヒトフデアートパズル『ペイントアウト!』を7月28日にリリース

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

インディーゲームデベロッパー「ロケットリョコウ」は、 BitSummitにも出展したヒトフデアートパズル「ペイントアウト!」を7月28日に配信する。

本タイトルは、ビクイムとロケットリョコウの共同開発第1弾で、同社にとって初めての Unity 開発(メンバー2名体制)タイトルとなる。パズルゲームとしては非常に自由度が高く、また、ルールも非常にシンプルながら奥深いパズル性を持った作品だ。

<以下、プレスリリースより>

基本ルール


1.キャンバスを塗りつぶそう!~独自の反転塗りシステム~
キャンバスに描かれているアート[カタチ]を指でなぞって塗るとクリアとなるシンプルなルール。逆戻りができない以外はどこから塗り始めても構わない自由度の高いパズルゲームとなっています。このタイプのゲームは既に多くリリースされていますが、そこに反転塗り[塗り替え]の要素を加えた事により、かつてないパズル性を生み出した点が本作の最大の特徴です。ギャラリー2[エリア 2]以降はそれを多用しないと塗りつぶせなくなっており、独自のパズル性が加速して行きます。

2.ミニマムペイントを目指そう!~アハ体験にも似た感動体験~
反転塗りに慣れて来ると、クリアする事はそんなに難しい事では無くなって来ます。本作の面白さは、最小ステップ数で塗りつぶす「ミニマムペイント」を目指す事にあり、そこに今までにないパズル性が浮上して来ます。画面上部のペイントゲージはクリアするのに必要な最小ステップ数を示しており、そのゲージが無くなる前にクリアする。そこに本作最大の面白さがあり、その塗りルートを見つけ出した時には、ちょっとした「アハ体験」のような感動が味わえます。



●ヒント機能


右下のヒントボタンを使用すると、一定ステップ数自動で塗ってくれ、解法が見つけやすくなります。使用する毎に塗ってくれるステップ数が増え、アイテムが無くなった場合はリワード広告 or アプリ内課金で購入する事ができます。開発中にも、次々と新しい最短塗りルート[ミニマムペイント]が感動的なまでに発見され、ヒントルートは常に更新され続けました。

●ステージは個性的で豊富な 120 キャンバス


ステージ[キャンバス]は、テーマ別に個性的な8つのエリア[ギャラリー]に分かれ、全120キャンバス。ミニマムペイント数でアンロックされて行きます。エリアマップ[ギャラリー]ではクリア状況が表示され、何度でもリトライできるようになっています。

※Google Pay Store[※2019.7.28 リリース後以降に公開]
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.rocketryoko.ia04

※App Store[現在予約受付中]
https://apps.apple.com/jp/app/id1448221379?mt=8
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ロケットリョコウ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事