19年1-3月決算、東映アニメーションに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 東映アニメ、19年3月期の営業益は39.6%増の157億円…...

東映アニメ、19年3月期の営業益は39.6%増の157億円…『ドラゴンボール』のゲーム好調、中国・北米向けの映像配信権も貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
東映アニメーション<4816>は、本日(5月14日)、2019年3月の連結決算を発表し、売上高557億円(前年同期比21.1%増)、営業利益157億円(同39.6%増)、経常利益162億円(同40.7%増)、最終利益113億円(同44.9%増)だった。

大幅な増益での着地となったが、同社では、国内外でアプリゲーム化権や映像配信権の販売が好調に推移したため、と説明している。

 


①映像製作・販売事業
売上高は195億円(同20.4%増)、セグメント利益は利益率の高い海外映像販売事業が好調に推移したことなど41億円(同71.2%増)だった。

劇場アニメ部門では、2018年3月に「映画プリキュアスーパースターズ!」、5月に「デジモンアドベンチャーtri.第6章」、10月に「映画HUGっと!プリキュア」、12月に「ドラゴンボール超 ブロリー」、2019年3月に「映画プリキュアミラクルユニバース」を公開しました。「ドラゴンボール超 ブロリー」や「プリキュア」シリーズのヒットにより、前連結会計年度と比較して大幅な増収となった。

テレビアニメ部門では、「ワンピース」、「HUGっと!プリキュア」(2019年2月より「スター☆トゥインクルプリキュア」)、「ゲゲゲの鬼太郎」、「爆釣バーハンター」、「おしりたんてい」の5作品を放映した。前連結会計年度に比べ放映本数が減少したことから、減収となった。

コンテンツ部門では、前年同期にあった「美少女戦士セーラームーンCrystal」のブルーレイ・DVDの売上に相当するものがなかったことから、大幅な減収となった。

海外映像部門では、中国向け大口映像配信権の販売本数が増加したことに加え、北米向け映像配信権の販売が好調に稼動したことから、大幅な増収となった。

その他部門では、国内での映像配信権の販売が好調に稼動したことに加え、「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」の製作代収入があったこと等から、大幅な増収となった。


②版権事業
売上高は302億円(同25.2%増)、セグメント利益は143億円(同25.5%増)と大幅な増収増益だった。『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』や、『ドラゴンボール レジェンズ』が好調だったことに加え、複数作品で遊技機の大口契約があったという。

海外版権部門では、アプリゲーム『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』や、『ドラゴンボール ファイターズ』を中心とした家庭用ゲーム、「ドラゴンボール」シリーズの商品化権が欧米で好調に稼動したことに加え、アプリゲーム『ドラゴンボール レジェンズ』の配信が始まったことから大幅な増収となった。


③商品販売事業
売上高は51億円(同8.4%増)、セグメント利益は1億円(同4.8%増)と増収増益だった。商品販売部門では、「ドラゴンボール超 ブロリー」の劇場公開に合わせたタイアップ・キャンペーン関連商品の販売が好調だったことに加え、『プリキュアプリティストア』等のショップ事業が好調だった。


 
■2020年3月通期の見通し

続く2020年3月期は、売上高462億円(前期比17.1%減)、営業利益120億円(同23.8%減)、経常利益123億円(同24.4%減)、最終利益85億円(同25.3%減)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年1-3月決算東映アニメーション

企業情報(東映アニメーション株式会社)

会社名 東映アニメーション株式会社
URL http://corp.toei-anim.co.jp/
設立 1948年1月
代表者 高木 勝裕
決算期 3月
直近業績 売上高459億円、営業利益112億円、経常利益115億円、最終利益78億円(2018年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4816

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事